公務員と転職

私は公務員を辞めてフリーターのようなニートのような生活をしていますが、公務員から民間企業に転職することを考えたことが無いわけではありません。というか、実際に何社か就職の面接を受けたことがあります。

しかし、新卒採用の時と同じで、全ての会社から不採用だったため、フリーランスの通訳案内士という職業を選びました。私はいつまでたっても、会社から必要とされない人間だったのです。もともと新卒ですら採用してもらえないのに、公務員を経由したことによって私はますます民間企業から必要無い人間になっていましたね。

公務員から民間企業に転職するには、大きなハンデが2つあります。1つは実務経験が無いとみなされること、もう1つは、公務員は働かないと思われていることです。

サラリーマンの仕事でよくあるのが、営業、経理、人事ですが、これらの転職市場は実務経験が重視されるうえに、公務員ではそれらの実務経験を身に付けることができません。

市役所の収入は税収だから営業がありません。市役所の会計は単式簿記だから経理の経験が役に立ちません。人事は公務員の人事でも多少は実務経験とみなされるかもしれません。

転職活動をしていた時から既にTOEICの点数は900点を超えていましたが、実務経験が無い奴はいくらTOEICの点数が高くても必要ないということが多いです。

実務経験が無いとみなされるので、第二新卒扱いになります。するとリクナビやマイナビに掲載されている応募可能な会社はブラック企業ばかりになります。わざわざブラック企業に転職する気にもならないなぁ…と思って、やる気を失ってしまいました。

実務経験が無くても、コンサルタント会社からの転職だったら、何となく仕事できそう、と思われて採用されるかもしれませんが、市役所職員にはそれがありません。世間の公務員への風当たりはとても強く、私は市民からよくバカだアホだと言われました。公務員など何も価値を生み出していないのに税金で飯を食べて社会に寄生している奴らというのが世間のイメージなため、わざわざそんな所で働いている人に高い人件費を払って転職させてやることはないのです。

また、公務員は毎日定時で帰って、残業をしないイメージがあります。日本の民間企業は、残業によって業務が成り立っている面があります。残業代が払われている残業ならまだしも、サービス残業によって成り立っている会社も多数あります。公務員から転職して来る人は、サービス残業をしなそうな人材なので、定時になったらサービス残業している同僚を差し置いて帰宅するかもしれません。そんな集団の和を乱す人を採用してはいけません。

先程述べたように公務員の実務経験は民間企業では全く評価されませんが、だったら彼らは何をやっているのかと言うと、公務員の特別な仕事をしていると思います。なので、公務員としての実務経験なら積んでいるわけです。公務員から公務員に転職するならば、即戦力とみなされるでしょう。

しかし、公務員の労働市場にはあまり流動性がありません。人が辞めないから、人を入れ替える必要が無いからです。最近は多少、公務員の中途採用も増えてきましたが…。

また、公務員の中途採用は、民間企業出身の人を採用するためにやります。長年公務員をやっているとあまり一生懸命働かない人が増えてくるので、ちょっと違ったタイプの人材が欲しいのです。そういう人は公務員としての実務経験がありませんが、何故か公務員の転職市場では実務経験はあまり大事だと見なされません。

すると、いくら実務経験があっても公務員から公務員に転職することも難しいことになります。そしてますます人が辞めないので人材の流動性が無くなります。

民間企業に転職されるにあたり全く役に立たなかった公務員としての実務経験ですが、実際は、市場原理にさらされた通訳案内士という仕事をするにあたって役に立つことを僕はたくさん学びました。

具体的には、人前で話をするのが上手くなったことと、実務で英語を使ったことです。

人前で話すと言うと、たいしたことないことのような気がしますが、これが上手くできない大人は多いですね。結婚式のスピーチで、会社の偉い人でも、全然話すのが上手くない人はたくさん居るということをみなさん経験的に知ると思います。幸い市役所の職員は、住民説明会で多数の人の前で話す機会がたくさんありました。通訳案内士は、人前で話すのが仕事ですから、日本語と英語の違いはあっても、この経験は本当に役に立ちました。

英語を使う機会も、多くは無いけどありました。税金を滞納している外国人に、

「ワタシニホンゴワカリマセン」

と言われた瞬間に英語で話して税金を払わせたり、実務で英語を使うことはたびたびあり、これは言うまでもなく通訳案内士としての仕事に役に立っています。

と、いうように私は市役所で、市場原理にさらされた仕事で使えることをたくさん学びました。転職で直接的に評価されなくても、市役所の仕事でも一生懸命やればたくさんのことが学べると思います。

さて、細々と続いているこのシリーズですが、今回も少し書いたこと、公務員と英語について、次回は書こうかなと思っています。

公務員と転職」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です