『プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル』を再読

春は通訳ガイドのピークシーズンなので、私のような雑魚にも仕事が回って来ます。そこで、今日は通訳ガイドの現場の業務をする上で参考になる本を紹介します。

『プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル』

以前にもレビューを書いたのですが、改めて良い本だなと思ったので再度紹介します。

参考記事:『プロが教える現場の通訳ガイドスキル』のレビュー

昨今の訪日旅行ブームのおかげで通訳ガイド試験対策の本や『外国人に英語で日本を紹介する~』みたいな本がたくさん出版されています。それらの本は仏教や歌舞伎などの日本文化の説明に留めており、実際の通訳ガイドの仕事をシミュレーションするような内容ではありません。

この本は、より通訳ガイドの仕事と密接に関わることを説明しています。

まず、お客さんと会った時に挨拶をしたり名前を確認したりするところから説明があります。その時に、失礼にならない英語の言い回しが載っています。

私は丁寧に相手を呼ぶならフルネームにMr.やMs.を付けると思っていたのですが、フルネームならば付けなくても失礼ではないということを知りました。名字で呼ぶ時にMr.などが必須になるようです。初めて会って相手が自分のお客さんか説明する時、フルネームをそのまま言って確認を取れば良いようです。

と、このようにこの本では現場で使える、ちょっとレベル高めの表現や慣習が説明されています。他にも、電車に乗っていて、「この駅で降ります。」と言う時には

“This is us.”

と言うことがある、など、TOEICでグローバルな英語を学んできた私には見慣れない、ネイティブっぽい表現も多数掲載されています。これはネイティブの人に言われる時にへの備えになりますが、東南アジアのお客さんに言ったら通じなそうですね。リスニングのためにはネイティブ的な表現を学ぶ必要がありますが自分が使うのはTOEICみたいな英語で良いと思います。

あと使えると思ったのは、20分歩きますが良いですか?と聞く時に

“Can you walk 20 minutes?”

と聞くのではなくて

“Are you comfortable walking for 20 minutes?”

と聞くのが丁寧で良いということです。comfortableのこの使い方は知りませんでした。プロならばこういう丁寧な英語も学ばなければなりませんね。通して読めば、自分なりの発見があると思います。

この本では載っている英文にいちいち和訳が書いてありません。プロ向けの本なだけあって、レベルが高めなんですね。

まさに通訳ガイドの教科書と言える、非常に良い本でした。実際にガイドを始めてから読むと、より発見もあるかと思います。私も、読み返しながら仕事をやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です