『プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル』のレビュー

前回に引き続き、通訳ガイド関係のオススメ書籍の紹介です。

プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル

この本も、通訳案内士試験に受かった人が、実際にガイドの仕事をするために勉強するのに良い本だと思いました。

ガイドの仕事は、英語のネイティブスピーカーを相手にすることが多いと思います。

我々は外国語の運用に関して、ネイティブレベルに達することはほぼありません。かなり勉強して、自分の伝えたい意味を相手に伝えることができる程度です。繊細な感情は外国語では表現できません。また、英語で何かを言われても、それが失礼な表現であるとか滅多に気にしません。母語では、単に文字通りの意味を超えてそれら繊細な付加情報も含めてコミュニケーションしていることになります。

ノンネイティブ同士のコミュニケーションでは、意味をはっきりと伝えることが大事でした。海外出張に行った時のこちらの記事にGlobal English の特徴を書きました。婉曲的な表現など一切使わず、はっきり意味を伝達すれば良いです。聞く相手も、それについて失礼だと思ったりしません。意味を伝える記号としての英語です。

ガイドの仕事はネイティブスピーカーを相手にするため、ネイティブEnglish に近いものを話す必要があるのではないかと思っています。失礼な言い回しを避けなければなりません。英語は日本語と比較すると婉曲的な表現は少なく、はっきりと意味を伝える言語であり、また英語のネイティブスピーカー達の国民性も日本人よりもはっきり物を言うのを良しとしています。しかし、当然、英語にも婉曲的な表現はあるし、ネイティブスピーカー達は失礼の無いように丁寧に会話しています。

この本には、そういった、直接的すぎて失礼な物言いを避けるための例文が掲載されています。ネイティブスピーカーに対して失礼の無い英語を学ぶ必要が生じたら、この本は役に立つと思います!

『プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル』のレビュー」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です