通訳、翻訳で生計を立てることは可能か?

僕は英語のプロを目指しています。以前にそう書きましたが、それからまた諦めたり、また英語をやったり、フラフラしています。でも今はまた、プロを目指して勉強しています。

英語のプロと言ってもいろいろありますが、代表的なものは通訳と翻訳だと思います。

しかし通訳者と翻訳者になりたい人はとても多く、レッドオーシャンの業界です。フリーランスだったら、仕事を安定して取るのは難しく、食いっぱぐれる可能性がある……。そんなイメージを持っている人は多いんじゃないでしょうか。

日本ではサラリーマンは就職してしまえば、まず解雇されることはありません。仕事をしてもしなくても安定して給料が振り込まれます。保証された状態と言っても差し支えありません。そこからフリーランスの世界に入ることは、怖くて当たり前でしょう。

フリーの通訳者や翻訳者で生計を立てることは可能なのでしょうか?

と言うと、答えはもちろん可能と言うことになります。実際にそれで生計を立てている人はたくさん居るからです。肝心なことは、世の中にそれで生計を立てている人が居るかどうかではなく、自分が開業してみたとしてやっていけるかどうか、ということなのではないでしょうか。

 

いろんな情報源にあたり、フリーの通訳者や翻訳者の需要を調べてみたんですが、分かったことは

それで生活できるかは、やってみるまで分からない

という身も蓋もない結論でした(笑)
当たり前過ぎますね(笑)

今考えているのは、通訳も翻訳も、通訳ガイドも、幅広く挑戦してみて、英語の範疇でも仕事の機会を広く探すのが良いんじゃないかな、ということです。特に、狙い目はガイドじゃないかな、と思います。通訳や翻訳は純粋な英語力がモノを言いますが、ガイドは語学力以外の要素が大きいからです。経験の浅さが逆に功を奏すこともあり、どんな人が成功するか分からない、パルプンテみたいな世界だと思います。

そっちの世界に行ったら、また報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です