公務員はもう安泰ではないのか

昨今、公務員や大企業の正社員を、もはや安泰ではないと煽る風潮が高まっています。夕張市は財政破綻しましたし、国の借金は1000兆円を超えました。また東京電力や東芝のような大企業が傾きました。それらのニュースを引用して、大企業や公務員はもはや安定していないと結論づけられます。

これは本当でしょうか?

元市役所職員の私は、ただの煽りだと思っています。

まず、大企業が安泰じゃないなら、中小企業が安泰なのでしょうか。大企業と中小企業を平均したイメージで見比べたら、倒産、解雇、減給などのリスクは、大企業の方が確率が低いでしょう。また、転職可能なスキルが身につくかどうかという点に関しては、大企業と言っても職種が様々なので、大企業は転職で使えるスキルが身につかないという説は乱暴すぎます。

公務員が安泰じゃないという話ですが、これは一体何を言っているのかという感覚です。

公務員は、基本的にクビになりません。クビになるのは悪いことをした場合ぐらいです。その点で、まず解雇されるリスクは低いと言えます。

国の財政がジリ貧なので公務員の給料が増えないという説があります。確かに、公務員の給料もジリ貧だと思います。ですが、そもそも、例えば市役所の職員って、給料が高いんですよね。ちょっとぐらい下がっても、まだまだ充分給料は高い水準にあると言えます。中小企業の社員やフリーランスよりも全然、年収が高いと思います。

唯一のリスクは、民間企業の転職市場で全く評価されないので民間企業に転職しにくいことぐらいですが、これも、別に転職しなければ問題になりません。人間関係のトラブルで鬱病になっても、休職できてしかも休職中もある程度は給料がもらえます。

公務員が安泰かと言うのは、色んな見方があるかと思います。また、そもそも安泰とか安定というふわふわした言葉をどう定義するかも問題になります。

しかし、私はまだまだこれからも公務員は安泰だと思います。なので、もう公務員は安泰じゃないから公務員にならない方がいいというアドバイスは、それは違うんじゃないかな、と思いますね。

そんな安定した職業も、面白くなければ私のように辞めてしまうので、そういった意味では安定していないのかもしれませんね。

公務員と英語

昨日、公務員の転職について書きました。昨日の記事はこちら。転職したいと思っている公務員の方が参考にしていただけたら嬉しいです。

今日は公務員と英語についての話です。

公務員をしながら英語の勉強をしていた時、たまに

「公務員も英語はこれから必要になるから、それは大事ですね!」

と言われたことがあります。それを聞く度に、別にならないだろうなぁ、と思っていました。私は英語が好きで勉強を続けて、それを使って楽しい仕事ができそうになったから市役所を辞めただけです。

確かに世の中はグローバル化しています。私が居た市役所でも、私が辞める頃には「国際都市にする」「グローバル人材の育成が必要」とか言っていましたが、語尾に(笑)をつけながら眺めていました。市長がなんとなくそういうことを言うのです。

また、私は愛知県に住んでいるのでトヨタ自動車関係者が多く、トヨタやアイシン精機では、TOEICで730点以上取れないと課長に昇進できないなどという噂をよく聞きました。本当かどうかは知りません。

ですが、既に採用された市役所の職員が、これから英語ができないことによって不利を被ることは決してありません。

なぜなら市役所の出世コースが、英語と全く関係ないコースだからです。

市役所で出世コースとされているのは、予算を管理している財政関係の部署や、人事課や、条例や法律を統括している部署でした。全部、英語と全く関係ありません。

人事課の人たちは、自分達が全く英語ができないので、他の部署の人に、TOEICで○○点取れないと出世させませんなんてことは言えないのです。

そして、市役所の偉いおじさん達は、だいたい年収が1000万円ぐらいありましたが、みんな英語ができるからその給料を享受していたわけではありません。かつての上司に気に入られたから出世したのです。偉いおじさんも人事の人も、英語は、通訳に任せれば良いと思っています。実際に市役所には英語や中国語の通訳が常駐しています。

最近は日本に住む外国人も増え、またインバウンドという言葉も流行っているため、市役所でも「国際〜」という名前の部署ができたりして、多少は国際化してきています。今から就職する人は、TOEICの点数が900点ぐらいあると、英語ができる奴として採用してもらえるかもしれません。就職したら他の人と何も差はありません。

私は仕事を楽しむツールとして英語を使っていました。英語は好きだったので、英語を使って仕事をするのも好きでした。市民の人に英語で説明したり、海外に出張して外国で同じような分野の仕事をしている公務員と意見交換をしました。

奇しくも、その海外出張は私に公務員を辞めることを決心させたきっかけでもあります。

私の出張の件が、先述の出世コースの部署に居る偉いおじさんから、

「君が行きたいですって言って出張して良いものじゃないんだよ」

と言われたことです。私は仕事として出張しただけなのに、何故そんなことを言われるのかと思いましたね。常々、市役所ではくだらないことが私の身の回りに起こっていて、常に辞めたかったので、辞めたきっかけというのはたくさんあります。これもそのうちの1つでした。

今日のまとめに入ります。市役所の職員は、今後英語ができなくて困ることは一切ありません。

公務員と転職

私は公務員を辞めてフリーターのようなニートのような生活をしていますが、公務員から民間企業に転職することを考えたことが無いわけではありません。というか、実際に何社か就職の面接を受けたことがあります。

しかし、新卒採用の時と同じで、全ての会社から不採用だったため、フリーランスの通訳案内士という職業を選びました。私はいつまでたっても、会社から必要とされない人間だったのです。もともと新卒ですら採用してもらえないのに、公務員を経由したことによって私はますます民間企業から必要無い人間になっていましたね。

公務員から民間企業に転職するには、大きなハンデが2つあります。1つは実務経験が無いとみなされること、もう1つは、公務員は働かないと思われていることです。

サラリーマンの仕事でよくあるのが、営業、経理、人事ですが、これらの転職市場は実務経験が重視されるうえに、公務員ではそれらの実務経験を身に付けることができません。

市役所の収入は税収だから営業がありません。市役所の会計は単式簿記だから経理の経験が役に立ちません。人事は公務員の人事でも多少は実務経験とみなされるかもしれません。

転職活動をしていた時から既にTOEICの点数は900点を超えていましたが、実務経験が無い奴はいくらTOEICの点数が高くても必要ないということが多いです。

実務経験が無いとみなされるので、第二新卒扱いになります。するとリクナビやマイナビに掲載されている応募可能な会社はブラック企業ばかりになります。わざわざブラック企業に転職する気にもならないなぁ…と思って、やる気を失ってしまいました。

実務経験が無くても、コンサルタント会社からの転職だったら、何となく仕事できそう、と思われて採用されるかもしれませんが、市役所職員にはそれがありません。世間の公務員への風当たりはとても強く、私は市民からよくバカだアホだと言われました。公務員など何も価値を生み出していないのに税金で飯を食べて社会に寄生している奴らというのが世間のイメージなため、わざわざそんな所で働いている人に高い人件費を払って転職させてやることはないのです。

また、公務員は毎日定時で帰って、残業をしないイメージがあります。日本の民間企業は、残業によって業務が成り立っている面があります。残業代が払われている残業ならまだしも、サービス残業によって成り立っている会社も多数あります。公務員から転職して来る人は、サービス残業をしなそうな人材なので、定時になったらサービス残業している同僚を差し置いて帰宅するかもしれません。そんな集団の和を乱す人を採用してはいけません。

先程述べたように公務員の実務経験は民間企業では全く評価されませんが、だったら彼らは何をやっているのかと言うと、公務員の特別な仕事をしていると思います。なので、公務員としての実務経験なら積んでいるわけです。公務員から公務員に転職するならば、即戦力とみなされるでしょう。

しかし、公務員の労働市場にはあまり流動性がありません。人が辞めないから、人を入れ替える必要が無いからです。最近は多少、公務員の中途採用も増えてきましたが…。

また、公務員の中途採用は、民間企業出身の人を採用するためにやります。長年公務員をやっているとあまり一生懸命働かない人が増えてくるので、ちょっと違ったタイプの人材が欲しいのです。そういう人は公務員としての実務経験がありませんが、何故か公務員の転職市場では実務経験はあまり大事だと見なされません。

すると、いくら実務経験があっても公務員から公務員に転職することも難しいことになります。そしてますます人が辞めないので人材の流動性が無くなります。

民間企業に転職されるにあたり全く役に立たなかった公務員としての実務経験ですが、実際は、市場原理にさらされた通訳案内士という仕事をするにあたって役に立つことを僕はたくさん学びました。

具体的には、人前で話をするのが上手くなったことと、実務で英語を使ったことです。

人前で話すと言うと、たいしたことないことのような気がしますが、これが上手くできない大人は多いですね。結婚式のスピーチで、会社の偉い人でも、全然話すのが上手くない人はたくさん居るということをみなさん経験的に知ると思います。幸い市役所の職員は、住民説明会で多数の人の前で話す機会がたくさんありました。通訳案内士は、人前で話すのが仕事ですから、日本語と英語の違いはあっても、この経験は本当に役に立ちました。

英語を使う機会も、多くは無いけどありました。税金を滞納している外国人に、

「ワタシニホンゴワカリマセン」

と言われた瞬間に英語で話して税金を払わせたり、実務で英語を使うことはたびたびあり、これは言うまでもなく通訳案内士としての仕事に役に立っています。

と、いうように私は市役所で、市場原理にさらされた仕事で使えることをたくさん学びました。転職で直接的に評価されなくても、市役所の仕事でも一生懸命やればたくさんのことが学べると思います。

さて、細々と続いているこのシリーズですが、今回も少し書いたこと、公務員と英語について、次回は書こうかなと思っています。

公務員と学歴

昔、公務員として仕事を始めて、学歴なんて意味が無いな、と思いました。

私の職場には、中卒の職員が居ました。バイトや嘱託職員ではなく、正規職員でした。

給料などの待遇は、初任給こそ違いますが、我々大卒と同じ給料表が適用されるので、大卒者と同じ年齢になる頃には追いつきます。そして、40歳や50歳になると出世する人と出世しない人で差がつきますが、学歴によるハンデは全くありません。

私の上司は高卒で、早稲田大学を出た私は何かと批判されていました。その人は

「社会に出たら学歴なんて関係ない。」

とよく言っていました。

これは、今日も日本全国で、学歴に自信の無い人が言っていると思いますが、2つの点から、滑稽だな、と思ってしまいます。

1つ目は、学歴と言うのは社会に出る瞬間に役に立つものだから、社会に出た後は役に立たなくても何もおかしくないということです。たまたま市役所という職場は高卒の採用も多い場所なので入る時も学歴があまり役に立ちませんでしたが、一般的に、大企業に入るなら大卒の方がチャンスが多いでしょう。

2つ目は、学歴なんて関係ないとわざわざ発言すること自体、仕事の能力と学歴を自分で結びつけていることです。市役所の仕事は、微分積分をするわけでも、英文読解をするわけでもありません。電話にや窓口で市民にサービスしたり、偉い人の機嫌を取って紙にハンコを押して貰うのが仕事なわけです。そんな科目は大学入試にはありません。学歴と仕事内容は、結びつきません。上司の発言は、野球が上手い人に対して

「あの人は野球が上手い割に仕事ができない。社会に出たら野球の上手さなんて関係ない」

と言っているに等しいです。でも「あの人は野球が上手いくせに仕事ができない」とは誰も言わないけど、「あの人は勉強できるくせに仕事ができない」とはよく言われます。不思議ですね。私は野球の方が勉強よりもよっぽど仕事と似てるな、と思ったのですが。

その上司にはしばらく嫌われていましたが後に何故か和解しました。お世話になったので感謝しています。

さて、この話が公務員を辞めたこととどう繋がるかと言うと、

「せっかく東京にある大学に出してもらったのに公務員を辞めたら親に申し訳ない」

と思う気持ちが薄れたということがあります。せっかく大学を出たけど、中卒でも変わらない仕事をしていたので、大学に行っていたことが市役所に入るためのコストだったと思わずに済んだのです。親もそれを分かっていてか、私が市役所を辞めるときに

「せっかく大学まで出してやったのに市役所を辞めるのか」

とは言われませんでした。まあ、私の親がそんなことを言うような嫌な人じゃなかったというわけでもあるんですが。

自分自身でも、大学を出て新卒で就職したことを勿体ないと思いませんでした。そのことは、退職したこととほんの少しぐらい関係があると思います。

ちなみに田舎の市役所では高卒や中卒は、入る時も、また入ってからもハンデになりません。性別でも学歴でも出世を差別をしない、リベラルな職場だったなぁと思いますね。

公務員を辞めるきっかけになった本5冊

最近は仕事も入っていなくて、英単語の暗記をしたり料理したり映画を見ながら毎日過ごしています。今日は、私が公務員を辞めるきっかけになった本を紹介したいと思います。

どれも素晴らしい本ですが、私の人生を狂わせてしまった本ですから、取扱注意の本です!興味を持った方は心して読んでください。

①世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 橘玲 著

市役所に就職して最初の夏に、僕はこの本を読みました。思えば公務員を辞めたいと思った最初のきっかけになった本かもしれません。文字通り私の人生を狂わせてしまった本でしょう。

マイホーム、生命保険、株……我々日本人は、こういう大きなお金が動くシーンで、営業の人の言われるがままに商品を買わされています。4000万円借金してアメリカの株に投資する、と聞くと、みんな危険だから辞めなさいと言うけど、4000万円借金してマイホームを買うのは普通とされています。これはおかしな話で、実はどちらも莫大な金額を借金して投資しているという点では変わりません。と、いうようなお金に関するリテラシーを学べる本です。

この本を読んだことで、そもそも生きるためにいくらお金が必要なのか、など私は考えるようになりました。橘玲氏の本は他にも読みました。氏が投資について書いた本は、必読だと思います。

②ニートの歩き方 pha 著

この本の主張は、過労になるほど無理して仕事せず、ゆるく生きていくのも楽しいよ、今ならシェアハウスで住んだり、生活コストを抑える方法はたくさんあるからね、と言ったところです。著者の方は京大を出てサラリーマンになったけど、辞めてニートのような生活をしています。実際には仕事をしているし収入もそれなりにあるので完全なニートではないかもしれませんが、大筋では、仕事をあまりせずに生活費を抑えてゆるく生きているらしいです。

そもそも生きるためにいくら必要なのか?公務員を辞めるリスクとは何だろうか?と私は考えました。

答えは、自分ひとりだったら1か月10万円ぐらいあれば生きていける。公務員を辞めるリスクは、自分が死ぬことではなくて、安定した職を捨てるので、子供を養う財力を失うかもしれないこと、と私は結論づけました。

③未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる ちきりん 著

この本も名著でした。この本は、例えば40代ぐらいで全く別の仕事を始める、など、新しい働き方を提唱しています。細かい内容は忘れてしまいました。

著者のちきりんは、40代ぐらいでコンサルを退職し、文筆家になった人です。きっと、お金はたくさん持っていたし、気が向いたらまた就職できるスキルも持っていたと思います。そして、これは本当か分かりませんが、子供が居るわけではなさそうです。そのことは、割り引いて読む必要があると思います。子供を養っている人は、40歳ぐらいで収入が減る道に方向転換は、なかなかしにくいでしょう。

ただ、本当に自分がやりたいことは何か?を考えるうえで、「他にやりたい仕事はあるけど、子供のために今の収入が安定した仕事を辞められない」という考え方は、子供に少しでも良い生活をさせてやりたいというのがその人の本当にやりたいこと、であるので、やりたいことを実現していると思います。

④嫌われる勇気 岸見 一郎、 古賀 史健 著

これまた名著の中の名著です。人は究極的に自由で、好きに生きたら良いと、私は思うようになりました。例えば親との関係を気にして、自分がやりたいことをやれないと思っている人は、自分の選択を親のせいにしているだけで、本当は全て自分で選んだ人生である、というような話が延々書いてあります。だから好きに生きたら良い、というわけです。

この本に書いてあることは、話としては分かるんだけど、なかなか実践するのは難しいです。例えば会社で上司が、サービス残業を何となく強いてきた時に、

「時間なんで帰ります。残業する必要があるなら残業命令出してください。」

と、堂々と言えば良いわけです。頭で分かっていても、なかなか実行できないんじゃないかな…。この本に書いてあることは劇薬です。でも、過労の末に自殺してしまう人が居るようなこの国の人には、読んで欲しい本ですね。

⑤働く君に伝えたい「お金」の教養 出口治明 著

投資やマイホーム、保険などのお金の教養については、橘玲の本で私はしっかり学んでいたため、目新しい話はありませんでした。

それよりこの本では、自分に投資するという考え方を学びました。20代のうちは、債券とか株に投資するんじゃなくて、自分自身にこそ投資すべきだと、出口氏は仰るわけです。

今、日本では老人がたくさんお金を持っていて、若い人がお金を持っていなくて子供を育てられないことが問題になっています。でも、65歳の億万長者は、無一文の20歳の若さを羨むでしょう。若さは最大の資産で、それを有効活用するために、自分に投資をしなさいということです。これにはシビれましたね。まあ、株に投資するのも、若いうちに入れたお金は複利の効果が効いてよりたくさん増えるんですけどね。出口さんが言うのはそういうことではないです。

 

5冊の本を紹介しました。こういう本ばかり読んでいたので、私は、公務員、辞めても良いかな……と思うに至り、辞めてしまいました。どれも、小さいころから刷り込まれて来た洗脳を解く、名著です。

ただ、好きに生きろと言うのもまた、別の洗脳に過ぎません。人生に正解はありません。別の洗脳によって、洗脳を上書きしたということです。それでも私は、新しい洗脳を気に入っているので、そう生きていくというわけです。

気が向いたら、一冊ずつ、詳しく紹介していきたいと思います。今回の紹介で気になったら、ぜひ読んでみてください!

自由と安定はトレードオフ

4月から通訳案内士としてデビューし、今日までに5個のツアーを経験しました。1日だけのものから、最長で4日間の旅行に付き添いました。お客さんの数は少ないので2名、多いので39名でした。

通訳案内士という仕事は、食えない仕事と、よく揶揄されます。通訳案内士資格の試験会場に行くと、60代ぐらいのリタイアした後の世代の人が多いことに気づきます。これで生計を立ててる人というのは少なくて、リタイア世代の道楽みたいな仕事なのではないかと、私自身思っていました。

研修に行った時も、最初は空港に見送りするだけの仕事からステップアップしていく、などと言われます。そして研修は自費で受けなければなりません。観光地を下見する時の旅費も自費です。デビューするまでにいったいどれだけお金を使うのか?と思いますよね。

しかし蓋を開けてみると、いきなりお客さん37名で4日間のバスツアーが回って来ました。ここぞとばかりに引き受けて、ピンチに陥りながらも何とかこなしました。

意外と、仕事あるんじゃね?なんて思っていました。

しかし4月の繁忙期が終わった後、私の仕事は途切れました。まあこんなものだろう、とは思ってみたものの、久しぶりに大学生みたいな生活をしていると、これで良いのか?という気がしないでもありません。

ですがこれは、公務員を辞めた時点で分かっていたこと。納得の結果であります。

私は自由を求めて公務員を辞めました。

そもそも、自由と安定というのはトレードオフの関係にあり、安定した仕事をしながら自由を得るというのは無理な話です。

公務員は、首にならないし給料が意外と高いという意味では、確かに安定していました。しかし、首にならないのと、30歳を超えた人の中途採用が多くないので一旦辞めると戻って来れないことが理由で、人材が固定されていました。すると、辞めないことが前提の人生設計になってきます。公務員としての仕事を続けながらでは、ルールに縛られた、非常に限定的な自由しか得られません。まさしく私は政府の犬だったのです。

今、この先仕事がどれくらいあるのか分からないアウトローな道を歩いていますが、私は2か月ぐらい引きこもって英英辞典を暗記したり、日本全国放浪の旅をする自由もあります。これは安定と引き換えに手に入れた自由なわけです。

今はこの、せっかく手に入れた自由を満喫したいと思います。もちろん仕事が回って来たら受けます。

僕が公務員になった理由

4月から僕は公務員を辞めて、通訳ガイドという仕事をしています。

安定した職業を捨てて、実質フリーターと変わらないような勤務形態で仕事をしているわけです。もったいないね、と人からよく言われます。

何で辞めてしまったかと言う話をしたいのですが、まずは、そもそも何で公務員になったのかという話をしようと思います。何故辞めたのかという話とも関連してきますからね。

僕が就職活動をした年というのは、まさにあのリーマンショックが起きた年のことでした。

それまで3年ぐらいは好況が続いていたので、普通に就活してれば僕も大学の先輩達みたいにどこか就職できるだろうとタカをくくっていました。

現実は甘くなくて、僕は受験した民間企業全てに、不採用でした。

自分は仕事をするに能わない人間なのかと、ひどく落ち込みましたね。ちなみに、受験した企業は、キリンビールとか資生堂とか、誰でも思い付きそうなメーカーを適当に受けてましたね。よく知れた会社が安心だと思ってましたからね。今思えばその会社選びの時点で間違ってました。

大学4年生の4月に民間企業から軒並み落ちた後に、公務員を目指すことにしました。もうそれ以上、民間企業の面接を受けたくなかったんでしょうね。地元の市役所の採用試験は7月だったので、約3ヶ月、本気で筆記試験の勉強をして受けようと思い立ったのです。

マークシートの試験はもともと得意だったので、僕は難関と言われる公務員の筆記試験に通過しました。

そして面接も、補欠合格ながらなんとか繰り上がりで採用されました。

マジで自分はどこからも必要とされていないのかと落ちこんでいただけに、採用された時は凄く嬉しかったのを覚えています。

まあ、結局辞めちゃうんですけどね。

通訳ガイドになりました

しばらく更新が滞っておりました。グプタです。

この4月から、私は通訳ガイドの仕事をしています。

以前は実は公務員でした。私は、9時5時でクビにならず給料が高い安定した公務員という仕事を捨てて、年に何日仕事があるかよく分からない通訳ガイドという仕事を選びました。

この話は長くなるのでまた少しずつ書いていきますが、一つ言えるのは、みんな好きに生きたら良いんじゃないかなということです。

4月は通訳ガイドの繁忙期で、新人の私にも仕事がいくつか回って来ました。慣れない新しい仕事なので苦戦しながらやっています。そのため、いきなり忙しい日々を送っています。

今後はこのブログには公務員を辞めた話や、通訳ガイド業界の話を書いていきます。TOEICの話は減りますが、これからもTOEIC満点道場にお付き合いください。