第228回TOEIC 結果発表

先日受験した第228回のTOEICの結果が出ました。

私の点数は

L 485

R 365

Total 850

でした。

受験した日は副鼻腔炎という病気で体調が最悪でした。当日の記事に詳しく書きました。

リスニングで全エネルギーを使い果たし、リーディングの途中で机の上に伏せてしまったので、まぁこんなもんかと思います。

気を取り直して5月のTOEICに向けて勉強していきます。

第228回TOEIC 感想

久々の更新となってしまいました。最近虫歯が悪化して酷い副鼻腔炎にかかり寝込んでいたので、今日の228回TOEICも受けれないんじゃないかと思っておりました。が、何とか普通に生活できるぐらいには回復したので行ってきました。

なんかTOEIC当日のブログというと、

Part1 難
Part2 易

みたいなことを予備校の先生が書いていたりしますが、今回の私はそういうことは書きません。自分自身の私的な感想を書きます。

リスニングはむしろ好調なぐらいで、満点近く取れているんではないかと思いながら解いていました。

副鼻腔炎というのは鼻の奥に膿が溜まる病気で、ひたすら鼻が詰まります。運が良いと鼻水や痰の形で膿が体外に排出されます。私はポケットティッシュを2つ用意して試験を受けていました。リスニングでは音声が流れていない時に鼻をかんだり痰を出したりしていました。

が、リーディングの途中から変調を感じましたね。途中、頭に英文が入ってこなくなることが数回起こりました。まあ健康な時でもあるやつですけどね。

だんだん鼻をかむ頻度が上がりました。完全に、試験中にふんふんうるさいおじさんでしたね。足元に用意したビニル袋にティッシュを捨てていたためか、試験官に執拗にマークされ(ているような気になり)ました。

ポケットティッシュは足りなくなり、私は鼻水をかむたびに折りたたんで小さくなったティッシュを机の上に置き、何度も鼻をかんでいました。試験会場の大学には迷惑をかけたなぁとこっそりと思っています。すると試験官の女の子が見かねたのか、ポケットティッシュを1つくれました。そのために私をマークしていたのですね。良い人でした。

副鼻腔炎の鼻詰まりの特徴は、臭いことです。死んだザリガニの臭いともドブの臭いとも言えるような臭いです。しかも鼻の奥に臭い膿が溜まっているので、嗅覚が常にダイレクトアタックを受けている状態です。体調が悪くなってくると何故か余計に臭くなってきます。この膿は口からも出て来るので、気持ち悪いです。私は段々と気持ち悪くなってきました。

2時35分の時点で気持ち悪さがピークに達し、私は試験を投げました。諦めずに最後まで解こうと思っていましたが、それすらできなくなっていました。途中で退出して良ければ退出したかったですね。

2時50分で、私は問題用紙を閉じ、顔を机に伏せました。

今年は年が明けてから、かなりの時間をTOEICに注ぎ込んできました。やってきた勉強に関しては、以下の記事に書きました。

既出問題集

リーディングプラチナ講義

速読速聴Advanced1100

しかし体調不良によって残念な結果になりました。めちゃくちゃ悔しいです。5月の試験で、必ずやリベンジしたいと思います。

第216回TOEIC 結果発表

12月に受験した第216回TOEICの結果が発表されました。

私の結果は

L 460
R 425
Total 885

でした!出直して来ます!!

今回はリサイクル問題を5問以上発見しておきながら、900点も取れませんでした。

885というと、3年前に取ったスコアです。私の3年間は何だったのかと思えて来ますね。

一刻も早く挽回したいところですが、一旦、受験は控えようと思います。3月は受験しません。他にいろいろやるべきことがありますので。

990点取得の夢を諦めたわけではありません。必ずTOEICに帰って来ます!

第215回TOEIC 結果発表

本日、11月に受験した第215回TOEIC公開テストの結果が発表されました。

私のスコアは

L 480
R 440
Total 920

でした。久々の900超えです。良かった〜。

思えば私は長いスランプに陥っていました。原因は、ポレポレ英文読解プロセス50をやってしまったことだと思います。

この本は間違いなく凄い本なのですが、これをやってから、受験英語の読み方を思い出してしまい、TOEICの読み方を忘れていました。元に戻すのに時間がかかりました。

さて、しばらくTOEICは受験しないでいようと思っていたのですが、今日の結果を見たら、またすぐにでも受験したいという気持ちが戻ってきました。1月は英検一級に専念するので受験しませんが、きっとまた3月ぐらいには受験してしまうのではないかと思います。

TOEICは本当に中毒性がありますね!

第216回 TOEIC公開テスト 感想

受験してきました。第216回TOEIC公開テスト。会場は名古屋です。

大雑把に感想書きます。

Part2がめちゃくちゃ難しかったように感じました。半分ぐらいしか自身持って答えられませんでした。3と4は普通に解けたので、やはりPart2が難しかったんだと思います。

リーディングではPart7で2,3個ぐらいリサイクル問題を発見しました。こんだけリサイクル問題を発見しといて塗り絵ってことは無いだろうと思って進めていきましたが、最後に時間が足りなくなって3問塗り絵しました。かー、もったいない。

今回、Part3と4で、答えの選択肢に鉛筆で印を付けておいて後でマークするという方法を止めました。リスニングの問題はリスニング中にマークするようにしたのです。リーディングの時間を確保するため。やはりその方がリーディングに時間を取れて良いですね。塗り絵したけど。

いいかげん、TOEICとギリギリの勝負をするのがしんどくなってきました。一旦TOEICから離れて、もっと英語を読めるようになってから余裕を持ってTOEICを受験したいですね。まあ実際は相当英語できる人でも余裕を持ってTOEICを受けれるわけではないので、それは無理なのかもしれませんが。

第215回TOEIC 感想

第215回TOEIC公開テストを受験しました。受験会場は名古屋です。

Part2、Part6、Part7がめっちゃ難しいと感じました。

特にPart7は、最後時間が足りずに6問塗り絵してしまいました……。いつまで経っても塗り絵を脱却できない。TOEICで安定して塗り絵しないというのは、本当に難しいことだと思いました。

シングルパッセージの最後の方でやられました。テキストチェーンの問題は、簡単そうに見えて難しいですね。会話している人たちの関係や状況を想像しなければ解けないですね。

12月も申し込みました。1月からは受験しようか迷っているので、12月で一旦区切りになるかもしれません。

12月でベスト更新できるように、明日から塗り絵防止特訓します!!

第214回TOEIC 結果発表

本日は、第214回TOEICの結果発表の日でした!

今回はもう本当に試験中、散々なできで、途中で帰ろうかと思うぐらいでした。800点いかないだろうなーと予想していましたが、いい意味で裏切られました。結果は

L 465
R 415
Total 880

でした!!

ベストスコアは950なのでそれと比べたら低いですが、800を切るという予想と比較すると、かなり良いスコアです。TOEICのスコアは読めないですね。

前回受験した時の感想をブログに書いていたので自分で読み返したら、リーディングは15問塗り絵したと書いてありました。15問塗り絵で415点って、塗り絵した部分もかなり正解したんじゃねーか?と思いました。

9死に1生を得た感じの結果となりました。今年はあと2回、精一杯頑張ってまた良いスコアを出したいです。

第214回TOEIC 感想

今日はTOEIC公開テストを受けてきました。第214回です。名古屋で受験しました。

今回はもう、完敗でした。もうパートごとの感想を書く元気も残っていません。

そこまでも決して調子は良くなかったのですが、Part7のシングルパッセージで体力を削られて、シングルパッセージの最後の2セットを解いている時に、はっきりと、英語が頭に入って来なくなったことを自覚しました。

そこからはもう何をやってもダメ。15問ぐらい塗り絵しました。

去年、1回780点を取った時があるのですが、今回はまさにその時と同じ感覚を味わいました。今回も800点行ったか分からないぐらいの点数です。

950点を取ったこともある私ですが、試験を受けるまでの展開と、当日の巡り合わせ次第では、こういうこともあるようです。今回は、しばらく音読もシャドーイングも一切していなかったので、それが不調の原因のような気がします。

11月、12月の受験では必ず復活します!!

第213回TOEIC 結果発表

9月25日に受験した第213回TOEICの結果が出ました。私のスコアは

L 460
R 395
Total 855

でした!

自己ベストを更新した前回からほぼ100点も下がりました。

今回は英検の対策をしていたため、TOEICについては中途半端な受験になってしまったためこのような結果になりました。

特に、ポレポレを読んだ影響で、読みのフォームが変わったのが原因だと思います。受験英語を読むように、読むのが遅くなったような気がします。いちいち文の構造を考えて読んでましたね。

しかしこのフォームの変化とスコアの停滞は、より高い英語力を身に付けるためには必要な過程だと思っています。

さて、英検とかポレポレとかいろいろ書きましたが、言い訳かもしれませんね。読み・書き・リスニング・会話の技能は有機的に繋がっており、英語力は1つだと言う人も居ると思います。

ただ、私はTOEICと英検の力は明確に別だと思っています。やっぱり試験対策は1つずつやった方が良いです。私は特に、試験に対する集中力を日々高めていって、当日に爆発させて最大瞬間風速的に良い点を出すタイプですので、そういう傾向があるようです。

英語力をしっかり身に付けて、余裕を持って高スコアを取る人は、あまりそういうことを気にしないんだと思います。

第213回TOEIC 感想

今日は第213回となるTOEICの公開テストを受験しました。会場は名古屋です。

早速感想を書きます!

Part1
壁を塗っている男の人や、引き出しを開けている女の人が出てくるフォームでした。
かなり簡単だったと思います。迷う要素なく、6問を解きました。

Part2
難しいですね。最近、Part2は本当に素直な問題が減ったように思えます。途中でポコポコ聞き逃して、もう分かんねえよって感じでしたね。

Part3
普通だったと思います。
図表問題は3問ありましたが、先にしっかり図表を読んでおけば、逆にリスニングもしやすくなるような問題でした。リスニングというよりむしろリーディング力が問われますね。

Part4
普通でしたね。分かる問題は分かるし、分からない問題は分からないって感じです。
今日はPart3も4も、極端に聞き取りにくいナレーターが居なかったので、解きやすかったように思えます。

Part5
難しかったです。5問ぐらい分かりませんでした。30問しか無いのにね。30問に減りましたが、しっかり勉強していないと解けないので、やはりPart5の対策は必須ですね。

Part6
微妙な手ごたえでお馴染みのパートですね。今日は簡単な問題と難しい問題の差が大きかったような。そういえば挿入文選択問題は簡単でした。しかし、それ以外の問題で、無理だな、ってのが2問ぐらいありました。

Part7
最近、Part7があまり難しいと感じません。特に、公式問題集よりも簡単だと思います。しかし最後のセットは時間足りず、2問ほど、塗り絵気味に塗ってタイムアップでした。

全体の感想

全体的に最近のTOEIC公開テストは公式問題集よりも簡単な気がします。いつも試験の前日は公式問題集を解くのですが、全然できなくて(正答率7割ぐらい)、ああ明日は終わったな、と思って受けます。

しかしいざ試験を受けてみると、思ったよりも解けるんですね。特にPart7はその傾向が強いです。こちらの公式問題集に掲載されている問題は、何故か本文を読んでもなかなか頭に入って来ないセットが多いのですが、公開テストはすんなり読める気がします。

そうなると、現在、本当にTOEICの公開テストと難易度が近い模試が存在しないことになりますね。

私の気のせいかもしれませんが……。