『英文解体新書』のレビュー

最近、凄く良い本を読んだので紹介します。

『英文解体新書』 北村一真

伊藤和夫の英文解釈教室に似た、構造を解釈するのが難しい英文の実例を挙げて、読み方を解説している本です。

挙げている例文はスティーブン・ピンカーや、バートランド・ラッセル等の哲学的な文章や、カズオ・イシグロ、エドガー・アラン・ポーの小説から引用されており、レベルが高いです。日本の英語教育は読み書きが中心だから日本人の英語読解力は高いという言説を聞きますが、難しい大学受験に合格するために英語を勉強し、大学に合格した後に、いざピンカー等の書いた英語を読もうとすると、問題にぶち当たります。全然読めないんですよね。

なぜ英語が読めないかについて、単語力が足りないからだと言う人は多いです。しかし私はこれは間違いだと思います。何故なら辞書を使いながら読んでもそれらの英文の意味が分からないからです。

なぜ英語が読めないのかは、英文の構造が掴めないからだと思います。我々は高校で5文型の考え方を学びます。確かにこれは有効で、これを意識的にでも無意識的にでも分かってないと話になりませんが、この5文型というのは、英文の構成要素の説明をしているだけで、動詞や目的語など各要素の順番の変更については触れてないんですね。SVとかSVOとか習うけど、実際はSから始まらない英文も多いのです。

この本では、そのようにどれがSVOなのか判別するのが難しい文章を体系立てて説明しています。倒置や挿入、省略などについて触れている本はたくさんありますが、この本はなぜ倒置するかということまで説明した上でパターンを挙げて説明しているので、理解しやすかったです。

加えて圧巻なのが、本の終盤に、「破格的な構造」という章があることです。これは、従来の英文法的としては間違っている文の読み方を解説した章です。それらは間違っているわけですが、英語で書かれた本を読んでいれば、よく見る構造の文だったりします。難しめの英文を読もうとすれば、文法的に間違った構造さえ読み解かなければならないというのは途方も無い話で、それを丁寧に解説していくこの本は素晴らしいと思いました。

伊藤和夫の英文解釈教室は私は途中で挫折してしまいましたが、この本は難しい割に理解しやすく、最後まで読むことができました。

かなりオススメの本です!特に、とにかく英文を読みたいから読む力をつけたい、と思っている人にオススメします。最近はとにかく英語力と言うとしゃべれるか否かばかりが注目され、まさに英会話至上主義が蔓延っています。そういうのと気持ちいいぐらい逆行して、今こそ徹底的に英語を読んでみるのも良いと思います。

『英語は逆から学べ』のレビュー

10年ぐらい前に出版された本で、煽情的なタイトルだったため長いことシカトしていた英語学習本があります。

著者の苫米地英人という人は、脳関係の本や自己啓発本を大量に出版しており、怪しさ満点です。しかしまぁ、自信のトンデモ理論にいくらかの真実を混ぜて本にしているので、全てを否定するのもまたナンセンスだと思います。

この本の内容ですが、英語を逆から学ぶとは、以下のような意味でした。

母国語を覚えるのと同じ方法で英語を学ぶべきである。従って文法学習はムダ。1つの海外ドラマを1話から最終話まで繰り返して字幕無しで見る。シャドーイングもする。日本語を介さないで意味をイメージしながら見る。次の単語を予想しながら見る。

方法論を並べてしまうと以上で終わりです。あとは、それっぽい理論が延々と述べられています。この方法論がどの程度科学的に正しいのかはよくわかりませんが、チョムスキーの生成文法とか引用していて、割りと本格的な雰囲気は出していました。

で、海外ドラマを見るというのがこの人が主張する唯一の学習法です。なーんだ、海外ドラマか。って思う人が多数だと思います。最近は猫も杓子も海外ドラマで英語を覚えましたって言ってるから、もはや常識過ぎる方法論かと思います。

しかしこの本が出たのは2008年ですから、ネットフリックスやHuluが無く、まだ媒体はDVDの時代でした。その時代に、ここまで具体的に海外ドラマを使った学習法を提示していたのは、かなり先進的な本だったと言えるのではないでしょうか。この本に書いてあることが当たり前だと思ってしまうこと自体、この本の理論が一般に浸透した証拠であるとも言えます。

と、いうわけで、海外ドラマを見ろというだけの話なので、私が書いたこのブログ記事だけ読めば充分ですが、この本は良い本でした。

『出る単特急 金のセンテンス』のレビュー

お待ちかね、TEX加藤先生のTOEIC本の決定版になりそうなこの本を紹介します。

説明不要の名著『金のフレーズ』の見出し語になっている単語を、360個の例文の中に盛り込んだ例文集です。例文を暗記すればTOEIC最重要単語の1000個を覚えられます。

この形式の単語集は何かに似ていると思いませんか?

そう、DUOです。

例文に重要単語を盛り込んでいるので例文を暗記するだけで覚えるべき単語を覚えることができ、しかも文の中で覚えるので単語の使い方も一緒に覚えることができるというあの本です。この本は売れ過ぎたため、猫も杓子もDUO、って感じの伝説の名著です。

『金のセンテンス』はTOEIC版のDUOとでも言うべき本です。私もまずは通読してみましたが、例文のできが素晴らしいです。まさにTOEICに出そうな文章ばかりで、芸術品です。これを音読や暗唱したら、相当にTOEICのスコアは上がるでしょう。

また、この本は、一般的なビジネス英語を学ぶのにも最適です。見出し語の1000語は、本当に実用的な英語として汎用性が高い単語ばかりです。これを覚えれば、身の回りのことやビジネスに関連することを英語で表現する力がかなり上がります。私は通訳案内士の仕事をしていて、よくTOEICに出てくる単語を使って英語を話しますが、それはTOEICの単語がかなり使いやすいからです。

しかしお手軽なTOEIC本と見せかけて、かなり重厚な作りになっています。私は単に通読するだけで、3か月もかかりました。まぁサボりながらやっていただけではありますが。

とにかく、TOEIC対策の決定版と言える本が出ました。ひたすらこれを暗記して、TOEICスコアも英語力も上げてしまいましょう!

『改訂版 口が覚えるスペイン語 スピーキング体得トレーニング』のレビュー

スペイン語の勉強をするにあたり、大まかな作戦を立てていました。それは、

まずは文法書を通読してスペイン語の全体像をある程度掴む

→例文を音読して使える文章をストックする

というシンプルなものです。しかし、ある程度全体像を掴むという目標が曖昧すぎて、文法書を何冊も買って読んでは挫折してを3年ぐらい繰り返していました。よくあるダメな語学学習者ですね。

しかし、そこそこ文法は分かって来たので、ようやく例文音読の段階に入りました。そこで、例文をひたすら暗記するべきテキストを探していたのですが、意外とそういうテキストがスペイン語の教材には無いんですね。英語だったら書店に山のようにあるのですが…。まあたくさんあり過ぎて選ぶのが大変という問題もありますけどね。

数少ない選択肢の中で、この本が良さそうなので、ただ今音読に取り組んでいます。

こういう、スペイン語の例文と日本語訳がシンプルに載っているだけの本は良いですね。単純明快です。特筆すべき凄い本というわけではありませんが、しっかり音読して文章を暗記していけばスペイン語力はかなり向上すると思いました。頑張ります。

やはりスペイン語は教材の数が少なく、値段も高いですね。勉強しにくくて困ったものです。しかしまあ、大事なのは本人のやる気なのでね。グダグダ言ってないで勉強しないといけませんね。やると決めた以上は。また、この勉強のしにくさというのは、スペイン語ができる人が希少であることのコインの裏側ですから、こういう勉強しにくい言語こそやる価値があるんですよね。

『“英語のしくみ”が見える〔基本動詞+前置詞]イディオム 1000』のレビュー

前回の記事で、『句動詞の底力』という本を紹介しました。

参考:『句動詞の底力』のレビュー

この本の内容が凄く良かったので、著者であるクリストファー・バーナード氏の本を他にもいくつか読んで見ました。どれも良い本ばかりなのですが、今回はこちらの本を紹介します。

『句動詞の底力』では、英語は空間の言語であると説明されていました。そして、空間について言及する前置詞や副詞が文の中で重要な役割を占めるとのことでした。

この本は、まさに『句動詞の底力』の実践編とでも言うべきもので、英語の特徴を踏まえた上で、有効な学習法を提示してくれる本でした。

言ってしまえばこの本は1000個の熟語のリストなので、単語集の1種ではあります。句動詞が単に1000個並んだだけの本ならば、特筆すべきものはありません。この本の素晴らしいところは、前置詞や副詞を中心に熟語が配列されているところです。

例えばacrossの頁ではcome across やget acrossのように、acrossと動詞を組み合わせた句動詞が並べられています。普通の熟語集では、動詞を中心に配列されると思います。すると、動詞の方が前置詞よりも数が多いので、項目の数が多くなりすぎて、覚えにくくなります。

また、英語は空間の言語であり、日本語と違って動詞よりも前置詞や副詞が意味の中心を占めることがある言語です。その意味で、前置詞や副詞を中心に編集されていた方が、似たような意味を持つ熟語が同じ頁に並ぶことになるので、より前置詞とそれが生む熟語の意味を印象付けやすくなります。

この本で句動詞を学習すると、前置詞や副詞を中心に英語の文章を組み立てるようになります。よりネイティブの英語に近づくことになるでしょう。

ただ、ネイティブの英語に近づくことが良いことなのかは分かりません。この本に載っている句動詞は、ちょっとこなれ過ぎていて、非ネイティブ相手に使うと、分かってもらえないかもしれません。英語学習で苦戦しているのは、日本人だけではないのです……。

例えばtake in という句動詞はこの本では10個の使い方があることになっています。その中で2つ挙げると、「理解する」と「雇い入れる」があります。確かに、take in ならば取ってきて引き込むようなイメージがあるので、理解すると雇い入れると言う意味は推測できます。しかし、それぞれunderstand やhire と言った方が数倍分かりやすいような気がしますね。ネイティブはどう感じるんでしょうかね。

と言うわけで、この本に載っている句動詞をどこまで使うかという難しい問題は残りますが、前置詞や副詞を中心に編集した熟語集は、英語の、より本質的な部分を理解しながら学べると思いますので、この本は素晴らしいと思います。

『句動詞の底力』のレビュー

最近読んだ本が思いの外良かったので紹介します。

句動詞に的を絞った参考書です。句動詞というのは、find out で「発見する」とか、go over で「見直す」のように、動詞と前置詞や副詞の組み合わせで、動詞単体で使うのとちょっと違う意味を持つ部分のことですね。熟語と呼ばれることも多いです。

英語のネイティブは、句動詞をたくさん使います。

例えば「理解する」と言いたい時、我々英語学習者はunderstandという単語を筆頭に挙げると思います。が、find out や figure out と言った方が何となくネイティブっぽい気がします。

あとよくあるのが、「〜に入る」と言う時、我々が真っ先に思い浮かべるのはenter ですが、ネイティブはcome in とか come intoと言うと思います。

我々学習者が、長めのラテン語由来の単語を好んで使うのに対し、ネイティブはgo やget やtakeなどの基本動詞と前置詞を組み合わせて表現します。

これは、基本動詞と前置詞や副詞の組み合わせというのが極めて感覚的で、後天的に身につけるのが難しいことが理由の1つだと思います。しかし、この本を読んでもう1つの理由を知りました。それは、日本語は動詞の使い方を工夫して色んな事柄を表現する言語であるということです。

例えば、「使い切る」という言葉は、「使う」と「切る」という2つの動詞を組み合わせてできた単語で、1つの動詞です。英語でこれに該当するフレーズはrun out です。動詞と前置詞の組み合わせですね。

他にも「逃げ去る」とrun awayなど、日本語が動詞で表現していることを英語では動詞+前置詞で表現しています。この、前置詞で意味を付け加えて多様な事柄を表現するということに我々の脳が慣れていないから、つい動詞で何でも説明したくなってしまうのではないでしょうか。

勉強する段階で、自分が言いたいことを和英辞書で調べると、言いたいことを1語で表す動詞が出てきて、それを使う癖がつきます。あえて句動詞を使おうと思わないんですね。

この本では、そのような英語の特徴を、「英語は空間の言語である」と言っています。

日本語で「僕は2階に住んでいます」と言うところを、英語ではin the second floor なのか、on the second floorなのかという選択肢があります。話者が、in なのかon なのか、2階という空間をどのように捉えているのかで使い分けます。箱という認識ならばinだし、面という認識ならonになるわけです。

日本語なら「2階に」と言うだけで済みます。空間を特に意識していないんですね。しかし英語ではどのような空間なのかを指定しないとセンテンスが作れません。これは言語の性質の違いですね。

英語は空間の言語であるということは、英語学習を続けていく上でヒントになるまとめだと思います。そのような考え方を紹介しているこの本は、かなりレベルの高い参考書ですね。

句動詞は本当に難しいです。仮に、我々、非ネイティブが勉強した結果、長めの英単語よりも句動詞を多様するようになったとしても、聞き手が非ネイティブだったとしたら、通じないのではないかと思います。日本人に限らず、スペイン人やイタリア人も、いくら英語学習に対して我々よりもアドバンテージを持っているからと言って、ネイティブの英語は完全には分からないでしょう。

では一体、我々はどんな英語を話すべきなのか、という疑問が生まれますが、その1つの答えが、TOEICのような英語だと思います。TOEICに出てくる英語は、句動詞はたくさん出てきますが、ネイティブのようにこなれた句動詞がたくさん出てくるわけではありません。TOEICの勉強をしている限り、非ネイティブに通じやすい表現を勉強することができるでしょう。

TOEICの英語が、ネイティブの英語と違うとはよく言われますが、これは帰国子女や在米生活が長い人によるTOEIC叩きの常套句です。が、それはネイティブの話す英語と違って非ネイティブにも通じやすいということですので、むしろTOEICの良いところなんじゃないかな、と私なんかは思いますね。

参考記事:global English とは何か

TOEICで800点を取るために必要な勉強

TOEICで800点を取るためには、市販のTOEIC対策の問題集を解くのが最も効率が良いと思います。以下の教材を使って勉強するのが良いでしょう。既に600点取る実力があれば、このやり方で大丈夫です。

バイブルです。まずは問題を解く、解説を読むというのを5周やりましょう。その後に、音読かシャドーイングを交互に毎日1周ずつやります。全問暗記してしまいましょう。800点どころか900点を取るための基礎ができます。


超重要です。TOEICの赤本。問題を解く、解説を読む、リスニングPartをシャドーイングする、リーディングPartを音読する、というのを最低3回はやりましょう。

単語帳はこれ1冊でOKです。最初のページから、860点レベルのページまでを何周もやりましょう。基本は日本語を見て英語を声に出すことです。理想は1日1周やることです。でも1日1周は厳しいので、2日で1周か3日で1周ぐらいが現実的なところだと思います。通勤中などは音声をリスニングします。

TOEICで800点を取るためにテクニックは必須だと思います。テクニックというよりは、TOEICとはどういうことを聞いてくるテストなのかが分かる本で、割と正当派だと思います。特にPart2とPart5は基本的なテクニックを知っているかどうかで大きな差がつきます。絶対にやりましょう。

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』のレビュー

遅ればせながら銀のフレーズを買いました。

TOEIC業界で抜群の存在感を誇る、金のフレーズの入門編です。

入門編の銀のフレーズが出たと聞いて気になってはいましたが、流石に掲載されてる単語は全部覚えているので、これは買う必要が無いかと思い、買うのを控えていました。TOEICもしばらく受けてないですし。

しかし、最近通訳案内士の仕事をしていて、金のフレーズに載っているフレーズって仕事で使うのに手ごろな表現が多かったな、と思い、より基本的な内容の銀のフレーズならばなおさら使えるフレーズがたくさんあるだろうと思って、ついに買いました。

予想通り、会話に使えるフレーズが満載でした。特に、単語としては知っているけど、実際に英会話で適切なシーンで使うとなるとなかなか出てこないようなフレーズが多いように思えます。例えば銀のフレーズに掲載されているmissingという単語の項目ですが、この単語自体はmissの現在分詞なのでTOEIC受けてる人ならほぼみんな知っていると思います。この単語が、

My mobile phone is missing.

というフレーズで紹介されているところがこの単語帳の秀逸なところです。このフレーズはかなり応用が効きますよ。何か失くしたと言いたい時に、失くした物を主語にしてmissingと言えば良いです。この表現は、受験英語で覚えた記憶が無いです。

英会話の表現集なら、書店に行けば山ほど本があります。『ネイティブが使う例文300』みたいなのがうじゃうじゃあるでしょう。銀のフレーズがそれらよりも優れている点は、単語に焦点を当てているので、単語を覚えながら表現を覚えられるところですね。巷の会話例文集は、とにかくその文を言えるようになろう、と言うものです。それでは限定された状況でしか使えません。

銀のフレーズは、単語とフレーズに重点が置かれているため、自分の英文のパーツとしてそのフレーズが使えるようになるところが優れています。それが1000個掲載されているところが素晴らしいです。

Twitterを眺めていると、英語講師の人が、TOEICやTOEICの勉強は無駄だと言うツイートや、それに対する反論が毎日流れて来ます。

TOEICの勉強が無駄だと言う人は、TOEICに出てくる英単語を使わない人生を過ごしているのかな?と思います。例えば上記のMy mobile phone is missing.という表現をTOEICの教材で見て覚えることの何が無駄なのかなと疑問ですね。

またよくあるのが、TOEIC(L&Rテスト)はリスニングとリーディングだけの試験だから話す力を判定できないから無駄、という意見です。いくら試験がリスニングとリーディングだけと言っても、勉強する過程で覚えた単語を話す時に使うんだから、無駄じゃないじゃんと思いますね。また、TOEICはむしろ英会話で使うのに手ごろな表現が多いので、むしろTOEIC(L&Rテスト)を勉強すると英語を話す力が付くと思うのですが、無駄だと言っている人は何か守りたい物があるんでしょうね。

今日もTwitterはそんな論争ばかりですが、銀のフレーズは素晴らしい教材なので、ほぼ万人にオススメできます!

『国際学会English挨拶・口演・発表・質問・座長進行』のレビュー

今日は一風変わった英語教材を紹介します。

この本は、学会で発表する医師の人のための英語教材です。国際学会で英語で発表しなければならず、英語力の面で苦戦している医師が、世の中に割と居るのでしょうかね。

医師向けとは言え、この本は医療に関する専門的な話は一切出て来ず、全編がプレゼンテーションのための英語を説明する教材になっています。なので、プレゼンテーションのための英語を学ぶのにかなり良い教材でした。ビジネスのプレゼンテーションならばそのまま使えるような表現が目白押しでした。

私がやっている通訳ガイドの仕事は、常に英語でプレゼンテーションをする仕事と言えなくもありません。なので私も仕事で使えそうな英語がたくさん載っているなぁと思いました。しかし、この本に書かれているのはフォーマルな英語です。また、科学的な内容を発表する人に向けたガイドブックであるため、非常に堅苦しい英語です。これをそのまま通訳ガイドが話してしまうのは、観光案内という状況にそぐわないかもしれません。

でも私は、敢えてこういう堅苦しい英語を勉強するのは、基礎を固めるという意味でも効果があるし、またお客さんはこういう地に足の着いた英語を意外と求めているのではないかと言う気がしています。プレゼンテーションのような英語は、分かりやすく物事を伝えるための基本形であり、その分かりやすさというのは、観光案内であろうとも有効だと思います。なので通訳ガイドの人もこの本は読んで損は無いでしょう。

この本が良いと思うのは、いわゆるプレゼンのコツではなくて、英語表現の紹介に紙面を割かれていることです。プレゼンとは、情報の伝達と、それに伴うQ&Aのやり取りです。そのための英語表現とは、非常に汎用性の高い表現になります。例えば

「重要な点は~というところです。」という日本語は

I’d like to stress that ~.

という例文が紹介されています。これは、stressの使い方として、情報を伝達する会話をしている時に非常に便利な用法だと思います。学会じゃなくても使う機会がありそうですね。

また、司会者として謝辞を述べるシーン等も想定されており「(会議の運営にかかわった人、スポンサーなど)にお申し上げます」という日本語については

I would like to thank everyone who helped us to organize this conference.

という例文があり、これも、I thank というthankの用法があり、Thank you. のイメージが強すぎる我々にthankの使い方を示してくれていて面白いと思いました。こういうシンプルな英語が状況に応じて紹介されていて、かなり使い勝手が良いです。

私はビジネス関係の英語というと、TOEICの教材で暗記しました。TOEICの教材は、点数を取るという目標があるので、非常に強いモチベーションを持って取り組むことができます。その点は良いのですが、やはりこういう、ある目的に沿って英語が配列されている参考書というのは、仕事で英語を使う上では便利だなと思いました。その分、TOEICはそういう本よりは幅広く英語を学べるので、英語力の底上げに良いと思います。世間ではTOEICの英語は範囲が狭いとか言われていますが(笑)

『国際学会English』は、英語で何かを発表する人には凄くお勧めの本でした!

『会話もメールも英語は3語で伝わります』のレビュー

こんな本をネットで見かけました。

『会話もメールも英語は3語で伝わります』

3語で伝わるわけないだろ、嘘つくな!

と思いました。

だいたい最近はこういう、人を煽ったタイトルの本が多すぎます。特に英語学習本に多いです。書店の英語本コーナーに行くと、英語は勉強するなとか聞き流すだけで話せるとか7日でTOEIC800点取れるとか、そんなタイトルの本ばかりが並んでいます。

ふざけてますね。

これらの本は、中身の薄い本が多いですが、中には意外とまともな本もあります。後者の場合、著者の人は英語に相当な労力を使って来た人で、熱いパッションを持って本を書いて、英語学習で困っている人に大事なことを伝えたい、というケースがあります。しかし本のタイトルは3日で分かるとか、陳腐なものが多いです。

これは、出版社が悪いですね。本を売るために釣りのタイトルばかりつけるわけです。

英語とは関係ありませんが、新書コーナーもふざけたタイトルばかりで、売れた本のタイトルをパクって、「○○力」とか「頭が良い人悪い人の~」とか「○○の品格」という本が並ぶという茶番が繰り広げられています。

まあでも、そういうタイトルに釣られて本を買う人が多いんでしょうね。

そして著者の人も出版してもらうためには出版社の意向を飲むしかなかったりします。

「本のタイトルは編集者に無理やり変えられた」

という話をよく聞きます。出版社、読者、著者の、どうしようもない三平方の定理ですね。

さて、前置きが長くなりましたが、『会話もメールも英語は3語で伝わります』は、良書でした。

3語で伝わるというのは恐らく編集の人がつけた煽りのタイトルで、著者が伝えたかったことは、

SVOの文型の英語を話しなさい

ということです。3語だけでセンテンスを作れなんて書いてありません。

我々日本人はbe動詞を多用しがちですが、ネイティブは一般動詞を多用し、動きのあるセンテンスを話すことが多いらしいです。

これは、日本語の影響をうけているのだと思います。日本語は、「私は○○です」という形の文を多用します。そのせいで我々は英語を話す時も I am や It is の文章を使いがちです。

これは文に動きが無くて、完結なセンテンスになりません。例えば、職業を聞かれたらその返事に

“I am an English teacher.”

と言うのではなく

“I teach English.”

と言った方がシンプルで伝わりやすい英語になります。aとかtheとか付けなくて良いので冠詞の間違いも減りますね。

この本のメッセージは、SVOの文型を基本として英文を組み立てよう、ということです。私は通訳案内士という英語を話す仕事をしているので、さっそくそれを意識してみましたが、以前よりも英文を組み立てやすくなったという実感があります。

英語のスピーキングに関して、この本は文の作り方を根本的に変える破壊力を持っています。

変な煽りタイトルが残念ですが、中身は良い本なので是非読んでみてください。