パート7は本文か設問どちらを先に読むか

パート7の勉強法について書いた昨日の記事に引き続き、パート7の話です。

みなさんはパート7を解く時は、どういう順番で作業しますか?

ざっと考えただけでも3通りあります。他にも手順はあると思います。

  1. 本文を通読→1問目から設問を解く
  2. 設問を全て読む→本文を通読→1問目から設問を解く
  3. 設問1を読む→設問1の答えが分かるまで本文を読んで設問1を解く→設問2を読む→設問2の答えが分かるまで本文を読んで設問2を解く……繰り返し

1は、満点を取るような人に多いような気がします。一気に読み切って内容を覚えて設問に取り組む方が解きやすいということですね。

2は1と似ています。先に設問を読むことによって何に注意しながら本文を読むか作戦を立てることができます。しかし、結局設問を読み直すことになるので、時間との戦いになるTOEICでそのタイムロスは痛いです。英語なので設問を読むだけでも多少の時間を使いますからね。

3はHUMMERさんという有名なTOEIC講師の方がこちらの本で提唱していました。

一気に本文を読んでも、1問目を解く時に本文の序盤の内容を忘れていてはロスが大きくなります。また、パート7の設問の回答根拠は本文の中で1から順に出てきますので、その都度答えを探しながら読むというのは効率が良いように思えます。

私は今までHUMMERさんがオススメしていた3の読み方をしていました。一気に本文を読んでも忘れると思っていたので、これが一番効率が良いと思ったんです。

しかし最近、既出問題集を解く時に1の本文を先に通読するやり方を試してみました。

すると、本文が読みやすいんですね。感覚として、より本文を理解しやすくなったような気がします。設問に気を散らされず読めるからだと思います。問題文と本文を行ったり来たりするロスも減りました。

パート7だけでなくパート6もこの順番で読むようになって読みやすくなったと思います。ただ、家で問題を解いていたらマークする箇所をミスって9問落としましたけどね。やっぱり一問ずつ解いていく方がマークミスの危険性は減ると思います。

ただ、受験者のレベルによって、ベストな解答手順は違ってくると思います。600点を狙う場合は、解ける問題を探しながら解くことになるので、3のやり方が良いと思います。900点を超えて満点を狙う段階だと、本文通読型が良いのではないでしょうか。

この既出問題集を使って、本文通読のフォームを固めて、3月のTOEICに臨みたいと思います。

パート7の勉強法について

今週は、韓国で発売されたTOEICの既出問題集(過去問)のリーディングを解いています。

テスト3まで終わり、正答数は77、84、74と、散々な結果でした。こんな点数で3月に満点を狙うなどと言うのも恥ずかしいですが、それでも私は敢えて、満点を狙うと言います。ここから立て直します。

それにしても近年のTOEICは、本当に最後まで解けません。私は900点を超えるスコアを持っておきながら、だいたいリーディングの模試や過去問を解くと、10問は塗り絵をしますね。TOEICの試験当日はアドレナリンが出てるので塗り絵は7問ぐらいで済んでいます。

TOEICのリーディングで時間が足りるのは、スコア800点以上の人、なんてたまに聞きますが、それは完全に間違いです。昔は正しかったのかもしれませんが、少なくとも今のTOEICに関しては全く当てはまりません。

TOEICのリーディングで時間が足りるのは、990点を取れるぐらいの実力の人のみ、というのが最近のTOEICに関して言えることです。こちらの記事にもそう書いてありました。この記事に私は同意します。

「どれだけ勉強してもTOEICの時間が足りない」に対処する方法

さて、既出問題集のリーディングを解いていて改めて思ったのが、パート7は、正答率と解くスピードが比例するということです。

いつものTOEICの本番当日の、「負けパターン」を思い出してみると、パート7の中のあるセットでつまづいて、延々と答えを探し続けて1セットに10分ぐらい消費してしまい、挙句に間違える、ということがザラにありました。

逆にスラスラ読めるセットというのは、正答率が高いという傾向がありました。1回読むだけで内容が読めてると解くのも速いんですよね。

ということは、きちんと読める力をつけて、正答率が上がれば、自然と解くスピードも上がっていくということでしょう。

そこで再度気になったのが、読めるセットと読めないセットの違いは何だろう?ということです。

今それを考えています。既出問題集で、正答率が低かったセットを重点的に読み直し、何故読めないのかを考えています。

一行一行、分かる?何が分からない?ということを自分に問いかけて、何が原因で読めなくなっているのかを追求しています。これを、メタ認知勉強法と名付けることにします。

間違いなく現在のTOEICの最難関はパート7だと思います。今回こそはパート7攻略法を確立し、990点を取りたいです!

自分専用のTOEICノートの必要性

最近は3月のTOEICに向けて毎日、TOEICの勉強をしています。

2016年に散々TOEICを受験したにも関わらず、950点から全然スコアが上がらなかったことを踏まえて、今回は今までやっていなかったことをやってみようと思います。

その1つが、自分専用のTOEICノートを作ることです。

高得点を取る上級者ならばそれが必要なことが分かっていて、自分の間違えた問題や苦手な英文をノートにまとめている人が多いと思います。

でも私は今まで何となくそれを敬遠していました。

理由は、めんどくさいからです。教材ならたくさん持ってるので、それ使って勉強すれば良いじゃんと思っていました。

しかし、例えば金のフレーズとかを開いてみると、既に8割ぐらいは暗記してるんですよね。900点を超えるぐらいの人なら、大抵のTOEIC対策用の文法や単語の本なら8割は暗記していると思います。文法問題集を買ってきても8割ぐらいは最初から正解できるでしょう。

だったらその本から重点的に学ぶべき箇所は2割しか無いわけで、本をまるごと読み返していたら無駄が大きいです。

各本から2割ずつが重点的に学ぶべきポイントだとしたら、その2割ずつを抜き出して自分のノートにまとめておいた方が効率が良いと思います。

脳の使い方というのは人によって違っていて、ひっかかるポイントは人によって違います。なので、まとめたノートは文字通り自分専用であって、世界に1つだけのTOEIC教材ができるでしょう。

とはいえTOEICで大事なポイントというのはみんなある程度共通していて、それをまとめたのが既存の教材になります。これらを使うのは非常に効率が良いですが、990点を狙うのならば、全体最適化された本を使うのではなく、最後の詰めというのは自分の脳の特性にフォーカスしたものを使わなければならないような気がしています。

というわけで現在は、金のフレーズや既出問題集から自分の苦手な文やフレーズを抜き出して紙のノートに書いています。これはできれば毎日目を通したいですね。

TOEICの既出問題集(過去問のこと)はAmazonから購入することができます。

TOEICの既出問題集を買いました

3月のTOEICに向けて毎日勉強しています。

今回の私は、秘密兵器を買いました。

韓国で発売されたTOEICの既出問題集です。言わば過去問です。なんで過去問って言わないのか不思議ですね。とりあえずリーディングを買いましたが、リスニングもあります。Amazonのマーケットプレイスから普通に買えました。

TOEICは試験終了直後に問題が回収されることもあり、一般的に過去問が存在しない試験だと思われています。でも実は、3年前にも韓国では既出問題集が出ていたんですよね。

あらゆる試験において最も大事な問題集は過去問です。今回はこの既出問題集を対策の軸にしてみようと思います。

韓国の書籍ですので解説は全て韓国語で書かれています。そもそもTOEICは全て英語で行われる試験なので問題を解く時は良いのですが、復習の時は困りますね。自分が間違えた理由が分からないから。なので自分で辞書などで調べて復習できる上級者向けの本ではあります。

韓国は公式系のTOEIC教材がたくさん出ていて羨ましいですね。私が公務員だった時に、出張で中国に行ったことがあります。その時、韓国の公務員とも交流し、少しTOEICについて聞いてみました。やはりみんなTOEICを受けるとのことで、非常に興味深かったです。私の年代の日本の公務員は、公務員試験の対策をガリガリやっていた人ばかりなのでTOEICを受けていた人は少数派でした。公務員の人までTOEICの勉強をしていたと言うぐらいですから、韓国の方がTOEIC熱は高いかもしれませんね。ちなみに韓国のTOEIC本を日本のTOEICマニアが取り寄せて買っているという話はしませんでした(笑)

まだ解いていませんので、問題を解いた感想はまた別の記事で書きますね。

『スペイン語文法ライブ講義』のレビュー

ようやくスペイン語の参考書の決定版とでも言うべき本を発見しました。

『スペイン語文法ライブ講義』

私はこういう本を探していました。スペイン語の入門レベルから文法事項を一通りカバーし、講義のような語り口調で説明してくれる本です。

昔、受験勉強をしている時に、実況中継というシリーズが好きでした。予備校講師が実際に話しているような口調で説明している、このシリーズは読みやすくて私のお気に入りでした。

以来、何かを勉強する時はそういうスタイルで書かれた本を探すようにしていました。スペイン語でも当然探したんですが、それにぴったりと当てはまる本は無く、入門レベルでの勉強で苦戦しました。

この本は先月出版されたばかりなので見逃していたというわけではありません。ようやく出てくれたと言ったところです。

ちなみにこの本の著者の加藤先生という方は、『スペイン語力養成ドリル2000題』の著者でもあります。

以前私はこの問題集についてもブログで紹介しました

著者が同じなのでこの2冊の本は一貫したスタイルで書かれていて、それぞれ文法講義と練習問題として、セットのように使えます。どちらも素晴らしい本です。

初級レベルからのスペイン語学習はこの2冊を買えば間違いないと言えるでしょう!

3月の第228回TOEICを受験します

しばらくTOEICを受験していませんでしたが、3月に受験することにしました。最後に受けたのが2016年の12月なので、1年以上間が空いてしまったことになります。

その間、英単語を暗記したりと英語の勉強は続けていましたが、TOEICの対策は全くせずにいました。

3月は、やるからには徹底的にTOEIC対策をして、ハイスコアを狙いたいと思います。目標は、もちろん990点です。

最近はTOEICの対策もせず、少々難解な単語の暗記をしていました。英会話はおろか、口から英語を全く発していないので、このままだと4月の通訳案内士のハイシーズンで英語が話せないという危機を感じ、TOEICを素材にしてせめて英語の音読をしようと思ったのが、この3月で受験しようと思った理由です。

TOEICには、観光関係の表現がたくさん出てきます。brochureとかadmission feeとかsuvenir shopとか、私はTOEICの勉強をするまで知りませんでした。なのでTOEICの教材を音読するのは通訳案内士の仕事をする上で役に立つと思います。大量に音読をすることは、声出しの練習にもなって良いと思います。通訳案内士はしゃべり続ける仕事ですからね。

今から約2ヶ月、自分史上最高のTOEIC対策をして臨みたいと思います。

クイズでマスターするGSL基本英単語2000のレビュー

最近はこの問題集を解いています。

『クイズでマスターするGSL基本英単語2000』

GSLとは、A General Service List of English Wordsのことで、そのリストの単語で話し言葉の9割、書き言葉の8割をカバーしているそうです。最も基本的かつ重要な英単語ということですね。

そんな英単語のリストと言うと、どんな単語が並ぶでしょうか。

TOEICの頻出単語ぐらいの単語リストかな?と思って私はこの本を買ったのですが、全然違いました。

この本に収録されている単語は、冠詞のTheから始まって、be, and, of, a, in と続きます。GSLとは、このような超基本的な英単語のことを指していたのです。確かにこういう語彙はどんな英文の中でも占める割合が大きいので、話し言葉の9割カバーと言うのもうなずけます。

後半になっても preserve, tea, bend, gain などが並び、私が知らない単語は収録されていません。知らない単語が収録されていなかったら何のための単語集か?ということになりますね。

この本は、それらの単語の使い方を学ぶ単語集なのです。クイズでマスターする、というタイトルの通り、クイズを解いていく形式で単語の使い方を覚えます。

例えばthe だったら、ある文の中で単語の前にaかtheのどちらを入れるかという問題が出題されます。これはシンプルかつネイティブでない限り英語上級者になってもマスターすることが極めて難しい問題ですね。冠詞とか可算不可算は、本当に難しいですよね。

この単語集は、自分の話す英語、書く英語を、より自然な英語にする練習をするのに最適な本でしょう。多くの問題は2択問題のうち、どちらを選んでも意味は通りそうな問題です。でも、それを間違えて英語を使っていれば、いつまでたってもちょっと不自然な英語を話すことになります。この本の4000問の問題はそれを矯正することができると思います。

私が年初から取り組んでいる英英辞典の暗記や洋書の難単語集とは真逆のアプローチの本となりますが、春の通訳案内士シーズンに向けて話す英語を鍛えていかなければならないので、この本もまず一周問題を解いてみたいと思います。

ちなみに接続副詞と接続詞の選択問題なども多数収録されていて、TOEIC対策にも使えると思います。本の分厚さもあいまって『でる1000』に近い本かな、という気がしています。

今日は冠詞や前置詞などの感覚を鍛えたい人にオススメの本の紹介でした!

雑記ブログ開始

このサイトには、極力TOEICや英語、通訳案内士に関することしか書かないようにしています。たまに完全な雑記が入ることもありますが…。

ただそれ以外のことも書きたくなってきたので、雑記用に別のブログを作ることにしました。

こちらのブログです。

グプタの栄光

TOEIC満点道場ともども、今後共よろしくお願いします。

Instant Word Power を読了

こちらの本を最後まで読みました。ドリル形式になっているので、問題を解きながら通読しました。

かかった時間は、約30時間でした。

”Word Power Made Easy”

の基礎編にあたる本だけあって構成が似ています。語源に関する知識を身に着けながら単語ドリルを解いていきます。

確かに語源の知識によって

podiumとかdissensionとか微妙に覚えにくい単語を覚えることはできたのですが、古い本なので、この単語は今後の人生で出会うことがあるかな?と疑問を覚える語が多いです。sesquipedalianismとかdendrophileとか。

しかし、そういうどうしようもない単語を覚えることも、英単語の仕組みを身に着けるためには有効なのかもしれません。現時点ではこの本によってどれだけのものを私が得られたのか分かりません。長い目で見る必要があります。

試験対策はおろか、英語力の向上に関しても未知数の本ですが、語源について勉強し、英単語の仕組みに迫りたいという人にはオススメです。

“Master of the Game”のレビュー

シドニー・シェルダンの小説が、洋書の小説としてはとても読みやすいと聞き、一番有名な小説”Master of the Game”を買ってみました。

邦題は『ゲームの達人』で、このタイトルは、シドニー・シェルダンの小説と知らなくても誰でも知っているぐらい有名だと思います。

これが、買って大正解でした!!

めっちゃ面白いんですよ。そして読みやすい。ページがどんどん進んでいきます。洋書の小説でこんな経験はほぼしたことがありません。

100年以上前のアフリカが舞台になっているため、我々に馴染みのない英単語もたくさん出てきます。でも何故か読めてしまいます。おそらく、構文が簡単なんだと思います。

難しい英語の小説は、だいたい1文が長いです。するとどこからどこまでが主語で、それに対応する動詞がどれか分かりません。洋書が読めない理由はほとんどの場合でこれです。

でもこの本は、1文が短くて、非常に明解な文体で書かれているので、読めます。Kindleの機能で分からない単語を調べながら読めば、もう何も困りませんね。

そして話の展開がスリリングです。この先どうなるの!?という展開が止まりません。私は、高尚なことをしている気分に浸りたい人間ですので、小説というと文学臭いもの(ジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』など)こそ価値があると思っていて、エンターテインメントは下に見ていましたが、やっぱりエンターテインメント小説って面白いですね。ヘタな漫画よりもよっぽど面白くてスイスイ読めます。

これは本当に皆さんにもオススメできる本です。何か洋書の小説を読んでみようという人は、是非シドニー・シェルダンの小説、特に”Master of the Game”を買いましょう!

ちなみに、分からない単語はタッチするだけで調べられますし、本を保管する物理的スペースを取らないのでKindleで読むのが断然良いです。