新新TOEIC決定!

TOEICの形式が今度の5月から新しくなるそうですね。

公式サイトが詳しいです。

問題形式の変更点を読んで、リスニングは図表が入ったらますます聴く力じゃない力が試されるようになるんではないか?なんてことを考えました。以前から先読みにおけるリーディング力の重要性が唱えられてきましたからね。

リーディングは、これ以上長文化して、時間内に終わるのだろうか?という気がします。しかし、ここ数回のTOEICはPart7で妙に捻った問題が多く、無理に難易度を上げているような印象がありましたので、一旦そういうのがリセットされて、新新形式導入直後はむしろ簡単な回が続くんじゃないでしょうかね。

あと変更後すぐには良いテキストが出ないでしょうね。

私がTOEICを初めて受けた時は、新形式が導入されて間もない頃でした。そのせいで新形式対応の良い感じの問題集を見つけられないまま、私はTOEICを好きになることなく、TOEICを止めました。文法特急という革命的な名著が世に出るのはその2年後でした。

なので、例えば来年から大学生になる人などで、初めてTOEICを受ける人は、しばらくロクな参考書が出てないけど時間が経てば猛者達が素晴らしい本を必ず出すということを知っていおいて欲しいですね。

いわば、新形式導入直後は、ゲームの攻略本が発売されていない状態なんです。

攻略本は絶対発売されますので、どうかTOEICを長い目で見て欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です