Instant Word Powerのレビュー

今はこの本を読んで勉強しています。

Instant Word Power

その前に勉強していたこの本

の、入門編のような位置づけの本です。

どちらも語源を勉強しながら英単語を覚えるというコンセプトの本です。大きな特徴は、問題演習を中心とした本になっていて、ひたすら問題を解きながら単語を覚える構成になっていることです。1つの単語を、4回、5回と復習しながら進めることになります。

Instant Word Powerは、さすがにInstantという名前をしているだけあって読みやすいです。問題も簡単なのでサクサク進めます。1時間で15ページ以上進められます。360ページぐらいの本なので、24時間ぐらいで全部読めそうです。手頃なボリュームですね。

前回のWord Power Made Easy も、このInstant Word Powerも、マイナーな単語が割りと多く出てくるという癖があります。例えばsesquisentennial という単語が掲載されていて、果たしてこの単語にこの本以外で出会うことがあるのだろうかと疑ってしまいます。

英検やTOEICの対策をするなら、これらの本はやるべきでないと思います。余計な単語がたくさん載っているので無駄だと思います。それぞれの問題集で対策した方が良い。

今の私は、試験のことは忘れて単語力を増やそうとしているので、とりあえずそういう本も読んでいます。

TIMEや洋書をたくさん読むとTOEICや英検の点数が上がるという人が世の中に居るかもしれませんが、TOEICや英検の対策をしたいなら素直に問題集をやる方が効率が良いと思います。TIMEも洋書も、TIMEや洋書を読みたい人が読めば良いんですよね。

英語学習は自分がやりたいことをやるのが一番です。何をやりたいか分からないならば、やる必要が無いのかもしれません。

自分を信じて勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です