TOEICの既出問題集(過去問)を買いました

3月のTOEICに向けて毎日勉強しています。

今回の私は、秘密兵器を買いました。

韓国で発売されたTOEICの既出問題集です。言わば過去問です。なんで過去問って言わないのか不思議ですね。とりあえずリーディングを買いましたが、リスニングもあります。Amazonのマーケットプレイスから普通に買えました。

TOEICは試験終了直後に問題が回収されることもあり、一般的に過去問が存在しない試験だと思われています。でも実は、3年前にも韓国では既出問題集が出ていたんですよね。

あらゆる試験において最も大事な問題集は過去問です。今回はこの既出問題集を対策の軸にしてみようと思います。

韓国の書籍ですので解説は全て韓国語で書かれています。そもそもTOEICは全て英語で行われる試験なので問題を解く時は良いのですが、復習の時は困りますね。自分が間違えた理由が分からないから。なので自分で辞書などで調べて復習できる上級者向けの本ではあります。

韓国は公式系のTOEIC教材がたくさん出ていて羨ましいですね。私が公務員だった時に、出張で中国に行ったことがあります。その時、韓国の公務員とも交流し、少しTOEICについて聞いてみました。やはりみんなTOEICを受けるとのことで、非常に興味深かったです。私の年代の日本の公務員は、公務員試験の対策をガリガリやっていた人ばかりなのでTOEICを受けていた人は少数派でした。公務員の人までTOEICの勉強をしていたと言うぐらいですから、韓国の方がTOEIC熱は高いかもしれませんね。ちなみに韓国のTOEIC本を日本のTOEICマニアが取り寄せて買っているという話はしませんでした(笑)

まだ解いていませんので、問題を解いた感想はまた別の記事で書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です