『句動詞の底力』のレビュー

最近読んだ本が思いの外良かったので紹介します。

句動詞に的を絞った参考書です。句動詞というのは、find out で「発見する」とか、go over で「見直す」のように、動詞と前置詞や副詞の組み合わせで、動詞単体で使うのとちょっと違う意味を持つ部分のことですね。熟語と呼ばれることも多いです。

英語のネイティブは、句動詞をたくさん使います。

例えば「理解する」と言いたい時、我々英語学習者はunderstandという単語を筆頭に挙げると思います。が、find out や figure out と言った方が何となくネイティブっぽい気がします。

あとよくあるのが、「〜に入る」と言う時、我々が真っ先に思い浮かべるのはenter ですが、ネイティブはcome in とか come intoと言うと思います。

我々学習者が、長めのラテン語由来の単語を好んで使うのに対し、ネイティブはgo やget やtakeなどの基本動詞と前置詞を組み合わせて表現します。

これは、基本動詞と前置詞や副詞の組み合わせというのが極めて感覚的で、後天的に身につけるのが難しいことが理由の1つだと思います。しかし、この本を読んでもう1つの理由を知りました。それは、日本語は動詞の使い方を工夫して色んな事柄を表現する言語であるということです。

例えば、「使い切る」という言葉は、「使う」と「切る」という2つの動詞を組み合わせてできた単語で、1つの動詞です。英語でこれに該当するフレーズはrun out です。動詞と前置詞の組み合わせですね。

他にも「逃げ去る」とrun awayなど、日本語が動詞で表現していることを英語では動詞+前置詞で表現しています。この、前置詞で意味を付け加えて多様な事柄を表現するということに我々の脳が慣れていないから、つい動詞で何でも説明したくなってしまうのではないでしょうか。

勉強する段階で、自分が言いたいことを和英辞書で調べると、言いたいことを1語で表す動詞が出てきて、それを使う癖がつきます。あえて句動詞を使おうと思わないんですね。

この本では、そのような英語の特徴を、「英語は空間の言語である」と言っています。

日本語で「僕は2階に住んでいます」と言うところを、英語ではin the second floor なのか、on the second floorなのかという選択肢があります。話者が、in なのかon なのか、2階という空間をどのように捉えているのかで使い分けます。箱という認識ならばinだし、面という認識ならonになるわけです。

日本語なら「2階に」と言うだけで済みます。空間を特に意識していないんですね。しかし英語ではどのような空間なのかを指定しないとセンテンスが作れません。これは言語の性質の違いですね。

英語は空間の言語であるということは、英語学習を続けていく上でヒントになるまとめだと思います。そのような考え方を紹介しているこの本は、かなりレベルの高い参考書ですね。

句動詞は本当に難しいです。仮に、我々、非ネイティブが勉強した結果、長めの英単語よりも句動詞を多様するようになったとしても、聞き手が非ネイティブだったとしたら、通じないのではないかと思います。日本人に限らず、スペイン人やイタリア人も、いくら英語学習に対して我々よりもアドバンテージを持っているからと言って、ネイティブの英語は完全には分からないでしょう。

では一体、我々はどんな英語を話すべきなのか、という疑問が生まれますが、その1つの答えが、TOEICのような英語だと思います。TOEICに出てくる英語は、句動詞はたくさん出てきますが、ネイティブのようにこなれた句動詞がたくさん出てくるわけではありません。TOEICの勉強をしている限り、非ネイティブに通じやすい表現を勉強することができるでしょう。

TOEICの英語が、ネイティブの英語と違うとはよく言われますが、これは帰国子女や在米生活が長い人によるTOEIC叩きの常套句です。が、それはネイティブの話す英語と違って非ネイティブにも通じやすいということですので、むしろTOEICの良いところなんじゃないかな、と私なんかは思いますね。

参考記事:global English とは何か

『句動詞の底力』のレビュー」への3件のフィードバック

  1. 面白くブログを読ませてもらってます。
    私、今年70歳のジジイで、Toeicは5年ほど前にぶっつけで受けてみたところわずか560でした。そこで単語力を測ってみたら6000語もいってませんでしたので、「まずは単語力だ」と思っていたところ、句動詞というものがあることを知り、句動詞の本を数冊買いました。まだ、十分の一も呼んでいませんが、ワクワクさせるものがありますね。この本は特にいいと思いましたのでやりかけの別の句動詞の練習帳を終わったら本格的に読もうとおもってます。ちなみに私がやってるのはUltimate Phrasal Verb Bookという本ですが、復習を2回入れてやってるのでまだ三分の一も進んでいません。
    句動詞は単語暗記より難しいですね。でもなんとか力で押して見ようかと思っています。 ご挨拶まで

    1. いつもありがとうございます。
      この本は暗記すべき句動詞のドリルではないので、他の本と並行して読むことが可能かと思います。オススメです。

Qing Yilu へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です