英文解釈教室とポレポレ英文読解50

一年ぐらい前に英文解釈教室を購入し、すぐに挫折しました。

この本は難しすぎです。当時でもTOEICは900点超えていましたが、これに出てくる英文はサッパリ分かりません。解説を読んでもなかなか理解できません。倒置と挿入が大量にあり、パズルみたいな英文なんですよね。ギブアップしました。

最近、英検1級の勉強をしていて読解が弱いな……と思ったので、英文解釈教室を再開しようとしたのですが、類書で評価の高いポレポレが気になっていたので、こっちも買ってみました。受験参考書はバイブル的な本が安いのが良いですね。

これは英文解釈教室とかなり似ていると思いました。例文が難しすぎます。そして、解説も難しい…。英文解釈教室の解説よりも読みやすいんですけど、それは理解しやすいこととはまた別なんですよね(英文解釈教室の解説が読みにくすぎる)。

どちらも即時ギブアップ必至の激難問題集ですが、ポレポレはまだ救いがあると思いました。本が薄いからです。とりあえず流してでも読めそうな分量なんです。これはありがたい。英文解釈教室は分厚くて心が折れます。

この2冊はやけにゴチャゴチャした変な英文ばかり出てくるので、入試問題に特有であって、実際の英語とかけ離れていると言う人も居るかもしれませんが、そんなことはありません。洋書を読むと、英文解釈教室やポレポレの例文を読んでいる時と同じ気分になります。洋書の英文も、非常に文構造が掴みにくいです。英文解釈教室と似ています。

よって、実用的な英語を身に付けるうえで、どちらも凄く効果的な本だと思います。

ポレポレはまだ読んでみようって気分になるので、当面は英検1級対策としてポレポレに取り組んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です