Red Bull TOEIC Academy に行って来ました

今日はRed Bull TOEIC Academyという勉強会に参加して来ました!講師はRed Bullさんという、TOEICで満点を20回も取ってらっしゃる凄い方です。許可を頂いたので、セミナーの内容をシェアします。

Red Bullさんは、TOEICで点数が下がるのは怖くないと仰っていました。それは、目標を英語力の向上というところに置いているからです。

TOEIC界には、TOEICの対策をしてTOEIC力を上げてスコアを上げるという方法と、英語の勉強をしてその結果TOEICのスコアが付いてくるという2通りの勉強法が対立しています。Red Bullさんは、後者の、英語力を上げるスタイルの方でした。この2つは、やはり後者の方が正統な感じがするのですが、ひたすらTOEICの対策だけやってTOEICで満点を取る人もけっこう居らっしゃるので、どっちが優れているとかいうのは無いようです。

Red Bullさんの勉強には3本の軸があるようです。

  • 音読
  • 単語暗記
  • 学習でない学習

の3つです。

音読に関しては、本当に凄い回数の音読をされるそうです。50回とかです。で、飽きないように色々な工夫をして音読をします。

  1. 普通に読む
  2. 速く読む
  3. 一息で何回読めるか挑戦する
  4. 凄くゆっくり読む
  5. 最高速で読む
  6. 一分間で何回読めるか挑戦する

音読は、暗記をするためにやります。やはり身体を使った方が記憶の定着が良いからです。そして、

  1. 問題を解く
  2. 解説を読む
  3. 文を完全に理解する
  4. 文を自分のものにする

という段階を辿ります。ここで大事なことは、

ある英文を覚えて、音読できるようになってからも継続して音読する

ことだそうです。それは、できることをやるんだから、誰にでもできるけど、誰もやりません。それをやるから差が付く、とのことでした。

単語の暗記については、英英辞典を使います。

down やbusinessなどの簡単な単語も、英英辞典を使うと知らない意味が載っています。それらをじっくり読むことで、1つ1つの単語を深く知ることができます。英英辞典を読み込むのは大変なので、せめて英英辞典の”a”と”the”の項をじっくり読んでみてください、とのことでした。必ず発見があるそうです。

英英辞典を読むと、文法力の増強にもなります。さらに、多読の代わりにもなります。

3つ目の、学習でない学習、というのは、本を使わず、または手を使わずにできる学習をするという意味です。その例を1つ教えてもらいました。

海外ドラマを教材にするんですが、まずドラマを普通に見て、それからスクリプトを見ながら見て、内容をしっかり理解します。それから、その音源だけを聞きます。すると、英語を脳内でイメージ化することができ、身に付いていきます。その、最後のドラマの音源を何回も聞くというのが、学習でない学習にあたります。時間が無かったり、体調を崩していて本格的な勉強ができない時はこういう学習をされるそうです。

他にも内容は盛りだくさんのセミナーだったのですが、比較的シェアしやすい内容を書きました。

ここからは私の感想です。Red Bullさんの勉強法というのは、ユニークな工夫はありますがやはり軸にあるのが音読による暗記なので、大筋では目新しいわけではないんです。ただ、それが有効なのは分かっているけど、それを徹底的に実行できるかできないかが、我々凡百のTOEIC受験者と満点20回のRed Bullさんの差だと思いました。

また、教材に関しては、特にこれが良いといったことは無いようで、自分が読みたいものを読めば良いとのことでした。私はもともと洋書をたくさん読みたくて英語の勉強を始めたので、洋書を読む時間を増やそうと思いました!

最近私は英語のモチベーションが下がっていましたが、今日セミナーに行ってとてもヤル気が出てきました。本当に参加して良かったと思っています。Red Bullさん、VOZEさん、ありがとうございました!

Red Bull TOEIC Academy に行って来ました」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です