TOEIC当日の過ごし方

明日はTOEICですね。私は勉強せずに受けると以前宣言しましたが、やっぱり明日は棄権して簿記2級の勉強をします。

私は受けませんがせっかく明日はTOEICなので、受験当日の動きについて書きます。

受験当日は、みなさん色んなジンクスやウォーミングアップ方法があると思います。模試を解く人や、敢えて英語には一切触れないという強者も。

私は人一倍ジンクスが好きなタイプで、当日はいつもジンクス通りに行動して試験時間を迎えます。

日本語をシャットアウト

まず当日は朝から、日本語情報をシャットアウトしますね。できるだけ日本語を読んだり聞いたりしません。もちろん自分からも話しませんし書きません。完全にそうするのが理想ですが、家族が居ると難しいですね。朝から絶えずリスニングし、英語だけを取り入れます。

ウォーミングアップ

当日はリスニングを中心に、ウォーミングアップになる勉強をします。TOEICはリスニングが先なので、リスニングのできがリーディング時の精神状態に影響します。また、リーディングよりも瞬発力が問われるのがリスニングですので、「構え」というか「モード」ができていることが大事です。入念なウォーミングアップが必要なのです。何としてもリスニングで失敗しないように、当日起きてからの数時間だけでも英語モードを作りたいところです。

単語の復習をするというのも悪くはないと思います。目標が800点で、金のフレーズで単語暗記に重点を置いている場合などは金のフレーズを通しで復習などすると良いと思います。直前に見た単語がそのままスコアに直結することが高確率で起こるでしょう。

私は当日までやってきたシャドーイング、音読素材をもう一度やりますね。総仕上げです。そして、家を出てからは、公式問題集のリスニングパートの音声を聞きながら会場まで行きます。そのまま試験直前まで聴き続けます。

ドーピング

ドーピングは絶対にした方が良いです。カフェイン系の飲み物は何だかんだ言って集中力が上がります。TOEICは集中力が凄く重要ですから、飲むだけで集中力が上がるものを使わない手はありません。オリンピックと違って薬物検査はありませんので、何を飲んで試験を受けても良いわけです。飲んでスコアが上がるならビールでも良いと思います(笑)

私はパワードコーヒーというコーヒーを飲みます。朝の10時ぐらいに飲みます。試験直前に飲むと試験中にトイレに行きたくなるからです。メガシャキ、Red Bullなどが人気ですが、私のオススメはパワードコーヒーです。

昼食

昼食は、脳にエネルギーを送るためにしっかりブドウ糖を取ります。私は効率良くブドウ糖を摂取できる菓子パンが最強!と思っていたのですが、実は菓子パンは良くないらしいです。砂糖が大量に入っているので、血糖値が上がった後にインスリンが分泌されて逆に低血糖になるらしいです。低血糖は眠くなるので試験にはご法度です。

最近は糖質制限食をしているので、ローソンの糖質制限パンとからあげクンとゆで卵を食べています。揚げ物は消化の負担になるかと思いきや、そうでもありません。実は糖質を含むごはんやパンの方が身体に重いんですね。試験の直前も糖質制限をすればクリアな頭で試験を受けれます。

スマホの電源を切る

これらジンクスを忠実に守りながら試験会場に到達したら、早めにスマホの電源を切ります。TwitterのTOEICクラスタには

「今日はメジャーフォームです」

というような書き込みをしてらっしゃる方も居ますが、本当に1点でも、いや5点でもスコアが欲しいならそれすらしないべきです。

別に直前にTwitterで書き込んだらスコアが下がるとか、その時間を惜しんで復習したらスコアが上がるということは無いと思います。英語力は一朝一夕では身に付きませんので、今さらそんな誤差でスコアに影響は無いです。

ただ、最後の最後まで英語モードを作るために行動する、というのを当日のテーマにしても良いと思うのです。Twitterは試験後に存分にやれば良いんです。

今日は私なりのジンクスを紹介しました。みなさんもそれぞれ、飲み物とか睡眠時間とか、色々とゲン担ぎがあると思います。ゲン担ぎは、その通りに行動すると精神が安定しますが、どれかをやり逃すと途端に不調になるという欠点があると思います。明日はきちんと思い描いた通りに行動して、良い気分で試験を受けてください!応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です