『ポレポレ英文読解プロセス50』のレビュー

ここ1週間ぐらいは『ポレポレ』ばかりを読んでいました。

オススメ度(5段階) ★★★★★

この本は本当にオススメです。入試問題のような難しい英語の読み方を解説した本としては、応用の効きやすさが群を抜いていると思います。

解説は決して分かりやすくはありませんでした。ところどころ、どういう意味だ?と思うことがあります。しかし、自分でじっくり考えて、意味を理解した時に1段階読解力が上がります。

西きょうじ先生は、この本のはしがきで「入試英語はほとんどが類題にすぎない」と言っています。つまり、この本の50パターンをマスターすれば、あらゆる入試問題が読めるということです。

そして、大学入試問題は意外と実戦的だと私は思っています。ポレポレが洋書を読むための勉強として最適であることはこちらの記事に書きました。

今回、久々に大学入試の英文に触れてみて、やはり入試英語はゴチャゴチャしていて難解な構文を読ませるものが多く、TOEICとは違うと思いました。よってポレポレはTOEICの対策としては決定的な効果は得られないかと思います。しかし、根本的な英文の読み方を考えなおす本として、とてもオススメです。

こんな名著を今までスルーしてきたことを本当に悔やみましたね…。是非読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です