英検1級2016年度第2回 受験の感想

昨日は2016年度第2回の英検1級を受けてきました!

そして既に今日、解答速報が発表されましたね。私も早速答え合わせしました。結果は以下の通りでした。

・語彙問題(14/25)
・長文空所問題(1/6)
・長文内容正誤問題(18/20)
・英作文問題  とりあえずびっしり埋めました。
・リスニング問題(19/27)

一部、解答を問題用紙にメモっていなかったので若干怪しいですが、そんな感じです。

さてこの点数、現時点で答え合わせのできない英作文を除くと、読解が33点、リスニングが19点の合計52点になります。

昨年度までの配点で考えると、たとえ英作文で20点を取っていたとしても合計で72点にしかならず、例年の合格最低点の82点を大きく下回ります。

しかし、英検の合否判定のための配点は、今年度から大きく変わりました。詳しくはこちらの通りです。ざっくり言って、一次試験はリーディングとリスニングとライティングで配点が均等になったらしいです。

それを考慮すると、私のスコア、合否が分かんないぐらいの位置のようなんですよね……。英作文の答え合わせは自分でできませんしね。

こんなに際どい点数を取るなら、もっと勉強しておけば良かったと、かなり後悔しました。今回は試験直前に諦めてましたからね。

合否はこれ以上考えても分かんないので、10月21日の一次合格発表まではTOEICの勉強でもして待ちます。

 

『ポレポレ』をやっても英検1級は解けない

今度の日曜日は英検1級です。3年前、2回受けて合格できませんでした。
今度こそリベンジを!と息巻いて申し込んだものの、いまひとつモチベーションを保てないまま、もうすぐ試験というところまで来てしまいました。

通訳案内士は国家資格なので何としても合格したくて、かなり本気で勉強したのですが、いつも英検1級はやる気が出ません。英検なんて小学生や中学生が受ける試験で、やっぱり世間はTOEICですからね。
先月は、『ポレポレ英文読解プロセス50』という参考書を読んでいました。


これを読んだら飛躍的に英検1級の問題も解けるようになるだろう!と期待していたのですが、効果はさっぱりありませんでした。未だ、英検1級の読解問題の正答率が上がりません。

ポレポレは複雑な構文の英語を読む訓練に最適な本ですが、英検1級の長文の構文はそれほど複雑ではなかったのです。それよりも『パス単』による語彙の強化こそが有効でした。
今回、どう考えても合格点を取れる域に達することができませんでした。

もう潔く諦めて、受験だけはして、次に賭けたいと思います。ポレポレは英検1級の対策書としては使えませんが、良い本でしたので、今回出会うことができて良かったと思います。
でも次の英検1級はパス単やって挑みます(笑)

最近の英検1級対策

最近は10月の英検1級に向けて学習をしとります。

しかし旅行に行ったり、ボランティアガイドしたり、なかなか試験勉強に専念できません。そろそろ本気出す!と思ってこのブログを書いています。

英検1級は、過去問が存在するという大きな特徴があるので、過去問を中心に学習していこうと思います。

膨大な範囲に渡る英単語も、実は同じような単語が毎年出題されてるようですので、過去問の暗記は効果的だと思います。読解問題についても、過去問の精読を大事にします。英検1級の英文は単語的にも構文的にも難しいですが、見てすぐに意味が分かるぐらい覚えたいところです。

音読はしません。TOEICと違って、じっくり頭の中で考えて解く試験だと思っていますので。

3年越しの目標である英検1級、今回こそは是非とも合格したいです。

英検1級とTOEICの長文読解問題の違い

英検1級でもTOEICでも長文読解問題というのはスコアの中で大きなウェイトを占めています。長文ができるかどうかは試験攻略の分かれ目でしょう。

英検1級の長文読解問題とTOEICのPart7では、問題の作りに大きな違いがあります。

それは、英検1級は回答根拠の存在する段落が決まっているのに対し、TOEICは長文内のどこに回答根拠があるのかが分からないというポイントです。

英検1級の長文読解問題は、2種類あります。1つは問2で、文挿入型穴埋め問題です。2つの文章が出され、それぞれ3つずつ穴埋めの設問があります。

これには特徴があって、文章は必ず3段落で構成されていて、1段落に1つずつ穴埋め問題が配置されているんです。そして、解く時は、問題の属する段落を読むだけで解けます。回答根拠が段落をまたぐことは私の知る限りではありません。

2つ目の長文読解問題は問3で、長文が3つ出題され、それぞれ3、3、4の問題数で設問があります。文の要旨や筆者の主張を問う問題です。

これも特徴があって、最初の2つの長文はそれぞれ3段落で構成されています。3つ目は段落がいっぱいあって、数は決まっていません。で、3段落構成の長文はそれぞれ設問も3つずつですから、やはり段落が対応しているんですね。関連する段落ごとにしっかり読んで、その段落内で回答根拠を探すのがセオリーです。3つ目の長文は長いうえに段落が決まっていないのでかなり手強いです。ですが、どこを読んだら良いのかという点ではTOEICよりもだいぶ分かりやすいです。

対してTOEICは、回答根拠が置かれている場所が英検1級より分かりにくいです。問題数と段落数が一致していないんですよね。設問の順番と、本文内で登場する回答根拠の順番は同じである問題が多いのである程度は分かりますが、英検よりもどこを読んだら良いのかがハッキリしていないです。そしてダブルやトリプルパッセージになると、クロスリファレンス問題という、2箇所を読まないと解けない問題もあって、どこを読んだら良いのかということがさらに難しくなります。

以上のような違いを踏まえて回答のカギを書くと、英検は意味を正確に理解する精読力で、TOEICは長文内を素早く移動する速読力が必要ですね。

英検1級は長文問題でも難しい単語の意味を分かってないと解けない問題があります。なのでやっぱり単語かな……と思っています。人によっては単語は勉強するなと言う意見もあるようですが。

8月はTOEICのオフシーズンですので、せっかくですから10月の英検に備えて頑張って勉強しましょう!←自分に言い聞かせてます(笑)

英検1級再開

先週TOEICが終わり、8月はTOEICがありませんので、次回は9月です。TOEICのオフシーズンが到来しました。

と言ってもスコアを本気で上げたいならば毎日学習を継続しなければなりません。オフでもシーズンでも、やることは変わりません。ただちょっと、長いスパンで効果を見る勉強法に切り替えるのもアリだと思います。

私は、10月の英検1級に向けて勉強を始めました。3年ぶりの挑戦です。

しかしその前に9月にTOEICがあります。TOEICを真剣にやっている人の中には、TOEICへの感覚が鈍ってスコアが落ちるので英検はやらずにTOEIC一本でやりたいという人も居るかもしれません。

私は英検1級の勉強はTOEICにとってもプラスになると信じています。TOEICで最難クラスの単語が英検1級ではゴロゴロ出てくるので、その辺りの単語をまとめて覚えるのに適していると思うんです。

結局はどちらも英語ですから、やってマイナスになることは無いでしょう。

ただ問題は、なかなか学習へのモチベーションが上がらないことなんですけどね。昨日は外出中、ポケモンGOに興じていました。まぁこのゲームはそのうち人気も収束していくと思いますので、10月の試験日までには英検1級の筆記試験を突破できるように仕上げていきたいと思います!

英検に激震が走った

昨日のTOEIC新形式の興奮が冷めない中、私は衝撃的な事実を知ってしまいました。

なんと、英検の採点方法が大幅に変わるそうです!!詳細はこちら。

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの配点が、均等になるそうです。英検1級がどうなるかと言うと、今までは

リーディング 51点
ライティング 28点
リスニング  34点
スピーキング  100点

だったのが、比重が全部均等になるらしいです。1次、2次の区切りは変わらないので、鬼門の1次試験は、リーディング、ライティング、リスニングの3つが均等になった試験で合否が決まります。

今まで英検1級と言うとリーディングの比重が大きく、また異様に難しい単語問題が25問もあって、多くの受験者が英検1級を敬遠していました。難しい単語問題が25問というのは変わらないのですが、配点は思いっきり薄まりますので、もう別に解けなくても良いわけです(笑)

単語問題は鉛筆を転がしてマークして合格する人が、今まで以上に多くなるでしょう。これは、4技能をバランス良く勉強してきた人にとっては大チャンスです。もうこれを機に英検を受けるしかないですね。

私も凄く受験したくなってしまいましたが、6月はあまりにもTOEICと日程が近く、また最近は名古屋城での通訳ガイド活動に力を入れていたので、申し込みをしませんでした。しかしこの配点の変更があったなら受けたかったな……。

10月は受ける予定でおりますので、TOEICファンの皆様、これからは英検共々頑張っていきましょう!

『キクタン英検1級』は意外と良いです


オススメ度(5段階) ★★★★

英検1級が近付いているので、私は受験しませんが単語集の紹介を。

英検1級の単語集と言えば決定版は

かと思います。確かにパス単は英検1級によく出る単語も出そうな単語も網羅しています。

しかし、旺文社の単語集らしく、堅いですね。大学受験の英単語ターゲット1900みたいな、

単語 意味 例文

という伝統的な構成で、音声にも工夫がありません。

対してキクタンは見出し語が900と少ないため、重要単語の暗記には良いです。音声にも工夫があり、キクタンシリーズでお馴染みの

英単語 意味

をひたすら繰り返すCDとなっています。英検1級の単語は難単語が多いから、こういう力づくの暗記は向いていないという意見もあるかもしれません。ですが私は逆に、難単語だからこそ、そもそも意味を知ってる知らない以前に見たことすら無い単語が多いため、まずは音でその単語の存在を認識することが大事だと思います。単語の連呼を聞いていると、意味は知らないけど単語の存在は知っているという状態になります。例えば

altruism

という単語を聞いていると、利他主義という意味は覚えられなくとも、altruismという音や文字列は覚えます。その後、繰返しキクタンでの学習を続けたり、他の問題集で意味を定着させていけば良いと思います。

決定版はパス単ですが、その前に英検1級の基本語彙を定着させるには、まずはキクタンがオススメです!

※私は英検1級はまだ合格していません(1次試験があと5点でした)ので、あくまで不合格者の意見としてご参考にしてください。