第202回TOEIC 学習の記録

第202回のTOEICに向けて私がやった勉強の記録を書きます。

3月15日、TOEICが終了してから、私は英語学習を減らしました。
気になっていた問題集の『PART5特急』を買い、気が向いたら解くという生活でした。

4月の中旬頃から、突然簿記2級の勉強を始めます。これが思ったよりも難しく、毎日勉強し飲み会にも行かず有給も使って勉強して6月14日に試験を受けました。結果は不合格でした。私には簿記の才能が無いみたいです。その間、英語は一切勉強しませんでした。

7月26日の202回TOEICには申し込んでいたので、6月15日から私はゆっくりと勉強を始めました。6月中かけてPART5特急を1周解き終わりました。そんなペースでした。

7月に入り、PART5特急を声に出して読もうと思い、テキストを見ながら聞こえてくる英文と同時に英語を音読するオーバーラッピングを始めました。400問収録されているこの問題集の1問から200問を読み、その次の日は201問から400問を読むというやり方でやりました。この、音声に併せてPART5特急の半分を読むという勉強を実行すると、だいたい40分ぐらいかかります。最大でその40分しか勉強しませんでした。

そして、7月16日からオーバーラッピングから音読に切り替えようと思い立ち、ふつうに音読を始めました。しかし、この類のテキスト、答えを暗記していないと音読しにくいんですね。答えを見ながらやるという手もありますが。問題を解きながら音読していたら、非常に勉強のテンポが悪くなり、ヤル気が無くなっていきました。

そして、TOEICまでの10日間、半分ぐらいは勉強しない日でした。上述の音読も、やって一日25分ぐらいで止めました。何故かこの時、私の身体は英語学習を拒否していました。

そしてTOEIC前日、メガ模試という問題集を解きました。リスニングとリーディングを通しで解きいたので、模試一回分を解いたことになります。結果はリスニングが100問中61問正解、リーディングが64問正解という散々なものでした。この問題集はリスニングの音声がTOEICよりも早く、あまり再現度の高いものではありません。でも、このできならもう明日はダメだな、と私は勝負する前から諦めていました。そしてTOEIC当日を迎えます。

と、3月にTOEICを受けてからの学習をまとめると以上のようになります。どうしても勉強をヤル気がせず、本当にやれませんでした。

私は英語学習が好きで今まで続けて来ましたが、やはりどうしてもやる気がしない時というのはあるんですね。もともと飽きっぽい性格なので、一時的にTOEICに飽きたのだと思います。また気が向くのを待つしかありません。

これを機に、また出直したいと思います。

第202回TOEIC 学習の記録」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です