第206回TOEIC マイナーフォーム 感想

受けてきましたTOEIC。第206回の公開テスト、マイナーフォームでした。

今回、私は人生で初めてTOEICで塗り絵をしませんでした。今日はpart7が簡単だったと思います。さて、ではpart毎の感想を。

part1

いつもの調子で進んで行きますが、8問目で、最初の選択肢を捌き切れず、2つ目の選択肢を聞けないというピンチ。自信が無いです。ラスト3問が難しかったように感じます。

part2

一列目から高難度の問題がバシバシ出て、厳しかったですね。6問ぐらい分からなかったような気がします。

part3

簡単だったと思いました。問題の設問文と選択肢が短いものが多く、先読みがしやすかったように思います。

part4

普通かな。最後のセットでナレーションがひたすら聞き取りにくかったです。

part5

難しかったです。2列目から分からない問題が続出し、厳しい戦いでした。約15分で終わらせてpart6へ。

part6

part6の難易度って、よく分かんないんですよね。いつも通りよく分かんないまま解きました。7分ぐらいで終わりました。新新TOEICでもこのpartは健在だそうですが、どうなるやら。

part7

かつてないほど簡単に感じました。なんと、塗り絵しないで全問マジメに解けたのです。こんなことは人生で初めてですよ。シングルパッセージが簡単で、一気に勢いを付けて、ダブルも簡単で、article問題も簡単。ヒャッハーって感じでした。文章の分量が明らかに少なかったですね。

今回は 、part7が簡単だったので、全問解き切ることができ、改心のできでした。ただやはり勉強不足がたたり、800点台後半が良いところなのではないかと思います。

私は年始に猛勉強して900点を取った時の貯金で戦っている感じです。900点特急を3ヶ月間音読し続けた効果がまだある程度持続していますね。

またスコアを伸ばそうと思えば、激しい勉強が必要だな〜と思います。次回は受験しませんが、またいつか受けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です