I’m sorry. とごめんなさいの違い

ガイドの仕事をしていると、細かいミスはよくやってしまいます。ちょっと道を間違えたとか、情報を伝え忘れたとか。そういう時は

“I’m sorry.”

と素直に謝るのが良いのですが、この”I’m sorry.” という言葉、ちょっと厄介な言葉です。

アメリカ人は交通事故を起こした時などに”I’m sorry.” と言わないと聞いたことがあります。自分の非を認めたことになり、後々、裁判等で不利になるからです。すぐにごめんなさいとかすみませんって言う日本人とはかなり違いますね。

で、私も曲がりなりにも英語で話す仕事をしているので、無闇に”I’m sorry.”と言わない方が良いかな?と思ったことがありました。

しかし最近はアメリカ社会でも、そこまで”I’m sorry.”と言うことを躊躇わないとも聞いたことがあります。

なので、自分がミスした時は素直に謝るようにしています。俺は悪くないという態度を取るよりも、その方がお客さんとの関係は良くなるように思います。

そもそもこのI’m sorry.”という表現、日本語の「ごめんなさい」とは何かが違うようなんですよね。

私の好きなドラマ『デスパレートな妻たち』を見ていると、頻繁に「ごめんなさい」ではない”I’m sorry.”が出て来るんですよ。特によく字幕に出てくる日本語訳は

「お気の毒に」

ですね。相手に不幸なことがあった時に言うようです。このドラマ、登場人物が毎回何らかの不幸に見舞われますからね。「ごめんなさい」は自分が悪いことをした時に言う言葉ですが、この意味の”I’m sorry.”は、自分が第三者である時に使われます。

この”I’m sorry.”は覚えてしまうとかなり便利な表現となります。私も、お客さんが転んでしまった時に言ったことがあります。これを言っても、私が誤っているという意味にはなりません。

さて、そこで私は考えたのですが、”I’m sorry.”は相手にフォーカスした言葉なのではないかと思います。自分のせいだったり、他の要因だったりして相手に気の毒なことが起きた時に、お気の毒様です、という意味で言うわけです。

対してごめんなさいは、自分が申し訳ないことをした時にしか言わない言葉で、発話者自身にフォーカスした言葉だと思います。そもそも漢字で書くと「御免」となり、これは許してくださいという意味が本来の意味です。ごめんなさいは許しを請う言葉なんですね。英語に訳すとforgive me の方が近いのではないでしょうか。

このように、英語のドラマは英文のニュアンスを掴むのに良い勉強になります。よくTOEIC900点を超えたら英語のドラマや映画は英語字幕で見た方が良いなんて聞きますが、私は日本語字幕で見た方が良いと思います。上記の例のように、よく知っていると思っていた単語をネイティブがどう使うかを学ぶには、日本語訳で他のプロの人が訳した意味を確認した方が良いからです。

また、英語字幕だろうと日本語字幕だろうと、流れてくる音声は英語なのでリスニングの練習効果は変わらないと思います。日本語字幕で見たらリスニングの勉強にならないなんてことは無いでしょう。

若干話が逸れましたが、今日は「お気の毒」という意味の”I’m sorry.”を紹介しようと思ってこの記事を書きました。皆さんも是非、思い切ってこの意味で使ってみてください。自分の非を認めたことにはならないので安心してください。

単語カードを使った効率的な暗記方法

週刊金融日記というメルマガで、単語カードを使った効率的な単語の暗記方法が紹介されていました。私も早速この大量の単語カードを買って試しています。

今は単語の暗記もスマホのアプリでできる時代です。何を今さら原始的な方法で……という気がしましたが、意外とこういうシンプルなのが一番良かったりするのです。私は原点回帰します。

やり方は、有料メルマガで紹介されていたものなので、コピペはしません。概要を説明します。該当のメルマガは週刊金融日記の313号で、216円なので興味があれば読んでみてください。

毎日10〜30枚、覚えたい単語のカードを作ります。表に単語、裏に意味を書きます。レベル1から5までの箱を作り、レベル1は毎日、レベル2は1日置き、レベル3は1週間に1回、レベル4は2週間に1回、レベル5は4週間に1回テストするための箱です。

単語カードを作ったら最初にレベル1の箱に入れて覚えます。覚えたらレベル2の箱に移します。レベル2の箱は1日置きにテストします。そうやってテストで正解する度に1つ上のレベルの箱に移し、テストで思い出せなかったらそのカードはレベル1の箱からやり直しです。レベル5の箱に入ったカードを、4週間に1回のテストで正解できたら、その単語は長期記憶に入ったとみなせます。

これはSpaced repetitionという暗記の方法論で、その通りにググってみると英語サイトでの情報が色々と出てきます。Wikipediaにも項目がありました。

Spaced repetition (Wikipedia に飛びます)

You TubeでSpaced repetion を検索しても有用な情報が出てきます。

さて、この方法論ですが、敢えて覚えたい単語を見ずに1日や1週間と時間を置くことがポイントかなと思いました。記憶は、何度も情報を入力することよりも、出力する(思い出す)ことによって定着するらしいです。忘れかかった頃に思い出す訓練をするのが一番効果があるわけです。

私は記憶の定着にはとにかく繰り返すことが有効だと思っておりました。単語帳を1冊覚えるならば、毎日単語帳丸ごと1冊を読み返すのが良いと思っていました。これよりも、間隔を空けて復習をして忘れかかった頃に思い出す訓練をする方が効果があるようです。そして、その方が勉強時間も少なくて済むので他のことをしたり、他の勉強ができます。

皮肉にも、毎日必死で勉強するよりも、一旦勉強したらあとはゲームでもやって勉強から頭を離し、忘れかけた頃に復習する方が効果があるということもありうるでしょう。

この話を聞いて、受験生だった時のことを思い出しました。私のクラスでは、何故か、教室の後ろの黒板に、昨日の勉強時間を書くということが流行りました。そして、東大に行った同級生の勉強時間は特別多かったわけではありませんでした。これはいわゆる頭の良さの差とか、要領の良さの差だと思っていたわけですが、具体的には、東大に行った同級生は、上記の記憶のメカニズム、つまり間隔を空けて復習をした方が効果があること、などを経験的に知っていたのかもしれません。

またこのことは、筋トレと非常に良く似ていると思いました。筋トレは、同じ部位の筋肉を毎日鍛えてもあまり成長しないらしいです。筋肉を鍛えた後は2、3日回復する時間が必要とのことです。その間は筋トレするよりも、会社で仕事したり英語の勉強したり寝てたりした方が筋肉を成長させるということです。以前から筋トレと勉強は似ていると思っていましたが、適度に間隔を空ける方が良いということまで似ているとは、少し驚きました。

以前、暗記に関する本を紹介する記事を書きました。

『一流の記憶法 あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく』のレビュー

この本にも、思い出す訓練をすることが大事とは書いてありました。ですが、私はあまりその情報を自分の学習に活かせていませんでした。今回週刊金融日記で見たSpaced repetitionの紹介は、かなり具体的な方法論を紹介していて効果的だと思いました。

とりあえず、初級レベルの単語を大量に暗記する必要があるスペイン語でこの方法論を今試しているところです。もちろん英単語の暗記にも取り入れるつもりですので、進捗したらまた書いていきます。

第228回TOEIC 結果発表

先日受験した第228回のTOEICの結果が出ました。

私の点数は

L 485

R 365

Total 850

でした。

受験した日は副鼻腔炎という病気で体調が最悪でした。当日の記事に詳しく書きました。

リスニングで全エネルギーを使い果たし、リーディングの途中で机の上に伏せてしまったので、まぁこんなもんかと思います。

気を取り直して5月のTOEICに向けて勉強していきます。

サービス残業に苦しむ公務員の人へ

公務員、特に市役所の職員というと真っ先に、残業が存在しない職業だと思われているようです。市民の人に

「あんたらは9時5時で良いよな」

と言われたことがあります。

実際には残業は普通にあって、夜の10時ぐらいまで仕事をしていたこともあります。

が、私はサービス残業は一切しませんでした。

私が居た市役所では残業というのは、上司が残業命令をした時にすべきものでした。どこの市役所もだいたいそうだと思います。

ただこれはルール上の話で、事後承認で残業している人も居るのではないかと思います。仕事が遅れたら残業し、残業した時間については後から上司に報告するというのは現実にはよくある話だと思います。

特に、市役所にはみんなで大きな一つのことをする部署と、一人ひとりが個人事業主のようにそれぞれ小さな別々の仕事をする部署があり、後者の場合に残業の事後報告ということが起こりやすいです。

私はサービス残業はしなかったのですが不思議なことに、市役所内には、サービス残業をしている人がたくさん居ました。おそらくは言いにくいのでしょう。時間がかかってしまったのは自分の責任だからとか勝手に考えて自分で残業をしてないことにしている人が多いと思います。

仮に残業したと言って、後から上司が、

「俺はそんな時間まで残業してたことなど知らないから残業代は出さない」

と言ってくるかもしれません。そしたら、

「じゃあ今日からもうあなたの見てないところで残業しません。ただ今日も時間内にやるべき仕事が終わりそうに無いですがどうしたら良いですか?」

と相談したら良いと思います。そこで始めて、上司は残業を事前に命令するという正しい手続きを取ることになるでしょう。

そして、命令をした以上、部下がむやみに長時間労働をしないように、上司は何か策を講じるべきです。その仕事は遅れても良いから残業してはいけないと自分の責任で部下に伝えたり、部下が残業している間は残って自分もその業務を一緒にやるなど。

この、残業の命令をするというルール通りのことがされないのは、部下の残業についてあまり関わりたくない上司が引き起こす現象のように見えました。

自分が命令したら自分もその残業に積極的に関わることになります。しかし何時までやったかについては事後承認でも良いと言っておけば自分は先に帰れます。だから、事後に時間を伝えても、上司は怒らずに申告された通りの残業代を払う手続きをしていたのだと思います。また、自分の口から仕事が遅れても良いから残業するなとは言いたくありません。自分のせいで業務が遅れることになりますから。だったら事後承認の残業の手続きをする方を選びます。自分の財布は痛みません。

上司というのは部下の仕事を管理する立場の人なので、本来であれば部下の仕事の進行を管理して事前に残業の命令をするべきです。ですが、そもそも部下の仕事をろくに把握もしていないという責任感の足りない管理職が市役所には多数居ました。年功序列のシステムの弊害です。

参考:公務員の終身雇用と年功序列の問題点

もし、これを読んでいる人でサービス残業をしている人が居たら、

「仕事が時間内に終わりませんけどどうしたら良いですか?」

とシンプルに上司に聞いてみることをオススメします。

公務員の終身雇用と年功序列の問題点

今日は、公務員の終身雇用と年功序列の問題点について書きたいと思います。

私が勤めていた市役所には、強固な終身雇用と年功序列のシステムがありました。

職員の身分は地方公務員法という法律で規定され、それを読むと、職員はよほどのことが無い限りクビにならないということが書いてあります。横領や収賄など悪意を持って悪いことをしたら当然クビですが、そういう明らかに悪いことをしなければほぼクビになりません。勤務上の成績不振も免職の理由ではありますが、仕事のできが悪いからクビになった人など聞いたことも無く、その制度自体が形骸化していることは明白でした。

加えて、給料は基本的に毎年、月給で5000円ぐらい上がっていきます。残業代とかボーナスも上がるので年収で考えれば5000円×12ヶ月=6万円より大きい上昇があります。特に仕事を頑張っても頑張らなくても上がります。

こういう環境で長年仕事をすると、人は仕事に対してネガティブな感情を抱くようになります。

新しい仕事は、単に自分の業務を増やすだけなので、積極的にしません。

業務を効率化してさっさと仕事を終わらせても、その分他の仕事が回ってくるだけなので、だったら効率化しなくて良いやという気持ちになります。むしろ、常に自分は精一杯やってますよというアピールをして、仕事をシャットアウトしようと思うようになります。忙しく見せかけている人で溢れていましたね。

その結果、人間的にも歪んでいき、人事部でさえ人を育てて未来の市役所を良くしようということを考えず、積極的に海外に研修に行こうとする若手職員の妨害を平気でしたりするようになります。

参考記事:公務員だった時にTOEICのおかげで海外に出張した話

そもそも、仕事を頑張ったことに対するご褒美が、出世しかありません。だいたい40歳ぐらいから出世に差が付き、確かに年収にも差が付きます。しかし最終的にも、めちゃくちゃ頑張った人と、管理職にならずに職務を終えた人の差も、年収で言って300万程度しかありません。

だったら最初から窓際職員になって定時まで仕事をしてチャイムと同時に退勤するのが最強じゃん、ということになります。実際、私から見て賢いなと思った人は、自分の意志で管理職にならないという選択をし、やりたいようにやっていました。

私も窓際職員になってベーシックインカムを確保し、余暇を楽しむ人生を送ろうかと思っていましたが、それも楽しくないと思ったので退職しました。今は通訳案内士と言っても底辺のフリーランスなのでお金は全然稼げていないですが、毎日楽しいです。

公務員だった時にTOEICのおかげで海外に出張した話

久しぶりに公務員だった時の思い出を書こうかと思います。これは公務員を辞めた理由とも関係する話です。海外に出張したことは当時もブログに書いていました。

TOEICスコアがないとできない仕事

海外出張の感想

私は市役所の職員だったのですが、運良く海外に出張して仕事をする機会がありました。具体的には中国に行きました。

それは中国で同じ分野の仕事をしている公務員と一緒に研修を受けるという企画で、研修は英語で行われました。その分野の仕事をしていて、なおかつ英語ができることが研修参加の条件になっていました。

国が主催するプロジェクトなので私の市役所は私の渡航費や滞在費を払う必要が無く、市役所内で、お金を使うための面倒くさい許可は必要無さそうな件でした。市長は「国際化が大事」とか言っていたので、英語で自分の専門分野についてディスカッションできる職員を育てるのは、誰も反対しようが無いことのように思えました。

当時、私はTOEIC915点で通訳案内士も取得していたので、まあ英語力的に言って楽勝に自分が参加者に選ばれるだろうと思っていました。後に退職するぐらいですので私は仕事に対して情熱は持っていませんでしたが、他国の公務員と交流するのは楽しそうだし、多少は観光したり、中国の雰囲気を味わうことができるだろうと、楽しみにしていました。

実際、私は参加者に選ばれました。あとはもう出発の日を心待ちにしていましたね。

すると、後から、市役所の人事の人から、私は中国に行ってはいけないと言われました。海外に出張に行ってはいけないことになっているからダメだと言われました。

そんなことは知りませんでした。まあ何事もルールで動く公務員の世界ですから、そういうのはルールを知らない方が悪いとは常々思っていましたので、私の方にも落ち度があったのかもしれません。しかしそのルールは、いったい誰が知っているんだろうというぐらいのマイナーな取り決めで、職員に知らせる気も無いようなものでした。私の上司も知らずに許可してましたからね。また、市のお金は使わないので、私が出張するかしないかは私の部署の問題であって、人事が良いとか悪いとか言うことではなく、私への嫌がらせかな?という風にも思えました。

これは国が主催していて、お金は国が持つと言っているので、出張できないというのはどうにもおかしな話でした。国のしていることに反対しているのと等しいです。まあ確かに国と市の政府の関係というのは、国が市の上にあるわけではなく、お互い対等なもので、民間なら別会社と言ってもいいぐらいの関係があります。なので国の主催する研修に参加してはいけないと言った私の市の人事の人は、ある意味で国と市の関係を正しく理解していたのでした。

人事の偉い人と、私の上司が、私の出張を巡って連日交渉をしていました。

で、自分が出張するための書類作りというのがこれまた面倒くさく、なんだか私はもうどうでも良くなってきていました。研修には行きたかったけど、こんな面倒くさいことをゴチャゴチャ言われるならもう出張行けなくて良いですと思い始めていました。そんなことを言える雰囲気ではなかったしもう後に引けない状態だったので、交渉している上司にお礼を言いましたけどね。

最終的には私の上司が、更に偉い人に掛け合って私が出張する許可をもらってくれました。もちろん私は感謝しましたが、更に偉い人が良いって言ったから良いというのも何だか変な話だなと思いました。人事の人は、ルールだからダメですと言い続ければ良いじゃん、って思いましたね。口には出しませんけど。

この件から私は、タダより高いものは無いということを学びました。タダで海外に行こうとしたからこんな面倒なことになったのです。市役所の仕事はお金を稼ぐためと割り切って、こういう自分のやりたいことは、他の仕事を圧迫するので、やらないでおくべきでした。

また、出張中、他の市役所からの参加者と話していて、こんなアホくさい目に遭ったのは私だけでした。国が主催する研修で、お金も国が出すなら普通に考えて参加してはいけない理由は無いのです。

私は、そんな訳の分からないルールで嫌がらせみたいなことをしてくる人々の居る市役所を、以前よりも増して嫌うようになりました。私が市役所を辞めたのは、その約1年後のことでした。

風呂で英語をリスニングをするのに最適な防水スピーカー

最近、風呂に入る時は英語のリスニングをしています。このスピーカーを使っています。

新しいモデルも出ていますね。

旧モデルの方は3,000円で買えて、水没しても大丈夫な完全防水仕様です。水没しても良いって相当な防水力ですね。

実際、風呂場でスピーカーを使ってリスニングしようとすると、濡れた手でスピーカーを掴むので、防水仕様は必須だと思います。私は防水じゃないスピーカーを風呂場でヒヤヒヤしながら使っていましたが、買って良かったです。

風呂はリラックスの場として割り切っていましたが、いざ風呂場でのリスニングを始めてみたら、風呂場って静かだし狭いから音が反響して聞きやすいので、リスニング学習に最適な時間だと気付きました。もっと早くこの習慣を始めていたら……と思います。

ただ、要注意なのは、スマホとBluetoothで接続して音声を流すスピーカーなので、毎日違った音声を流すためには風呂に入る前にスマホで操作をしないといけないんですね。これを忘れて先に服を脱いで風呂に入ってしまうと、スマホを取りに行けなくなります。さらに、スマホを風呂の遠くに置いていてBluetoothの接続が届かないと、その日の勉強は諦めることになります。気をつけましょう。

私は速読速聴シリーズの音声を風呂で聞いています。速読速聴シリーズは聞いてこそテキストの真価を発揮します。

参考記事:速読速聴・英単語 Advanced 100 ver4のレビュー

皆さんもぜひ、風呂時間の有効活用を始めてみましょう!

TIMEやNew York Timesを無料で読んで英語の勉強をする方法

英語で書かれた雑誌や新聞を読むことは良い英語学習になる、ということはもはや何十年も前から言われていることかと思います。

ただ、雑誌や英字新聞はレベルが高いんですよね。英文の構造もTOEICのように素直ではないし、難しい単語もいっぱい出て来るし、知らない固有名詞もたくさん出てきて分かりにくいです。

一番大きな落とし穴は、つい背伸びして定期購読に申し込みたくなることだと思います。TIMEもNew York Timesも、定期購読だと安くなるんですよね。つい気持ちが高ぶって定期購入してしまった、という経験がある人は多いのではないかと思います。

そして、定期購読すると、送られて来る分量が多いんですよね。さらに、お金を払ってるし、英語の勉強のためだからと、全ページ読もうと張り切ってしまいがちです。これは一番挫折しやすいパターンでしょう。茶碗をオシャレに包むための大量の英字新聞が溜まっていきます。

こうならないためには、まずは無料で読んで見るのが良いかと思います。と言っても、ネットで無料公開されている記事を読むというわけではありません。

図書館に行けば、TIMEもNew York Timesも無料で好きなだけ読めてしまうんです。全ての公共の図書館にあるというわけでは無いと思いますが、だいたいの図書館に英字新聞ぐらい置いてあるでしょう。

図書館で読むのが継続できれば、購入しても無駄にならないかと思います。せっかく税金を払っているんだから、使えるサービスは使い倒しましょう。税金を払っていない人は、堂々と払ってくれてる人にフリーライドしちゃいましょう。

ちなみに、TIMEなどのメディアはTOEICの学習にも良いと言われていますが、効率良くTOEICのスコアを上げるならTOEICの問題集をやった方が良いと思います。TIMEは知的で高尚な気分を味わいながら勉強できるという利点がありますが、「TOEICの対策をするよりもTIMEを読んだ方が効率よくスコアが上がる」ことは無いと思います。

TOEICの学習なら、下記の記事に書いたように既出問題集を解いたりテキストを地道に音読したりするのが効果があると思います。

私がTOEICで900点を突破した方法

TOEIC既出問題集 リーディングのレビュー

また次のTOEICに向けて頑張っていきましょう!

速読速聴・英単語 Advanced 1100 ver4 のレビュー

最近、速読速聴英単語のシリーズを使って勉強しています。特にAdvancedを繰り返し読み込んでいます。

受験参考書の金字塔、「速読英単語」シリーズとよく似た構成の本で、長文読解形式の中で重要単語を覚えようというコンセプトの本です。左ページに英文、右ページに日本語訳となっており勉強しやすいです。

「速読英単語」以降、文で覚える系の英単語帳は一大勢力としてTOEICや古文など色んなジャンルで蔓延っています。文脈で単語を覚えるのがこのシリーズのウリですが、それには依然として批判もあります。単語は長文と別で覚えた方が効率が良いという説もよく聞きます。

私は速読英単語には非常にお世話になった過去もあり、文脈で覚えるのは効率が良いと思っています。私にとっては英単語を覚えるよりも、日本語で話の筋を覚える方が簡単です。なのでこの手の参考書を何度も読んでいると、まず話の筋を覚えて、次に英語を見て意味が分かるようになり、英語を暗記できるという手順で英語を覚えることができます。同じような経験をしたことがある人ならこのタイプの本が向いていると思います。

単語の暗記にもかなり優れた本ですが、速読速聴・Advancedに関しては私は英文読解のトレーニングに使っています。

この本に出て来る英文は、かなり難しいです。構造がすんなりと理解しにくい文がたくさん出てきます。英文はThe EconomistやThe New York Timesなどから抜粋されており、まさに生きた英語です。収録英文の半分ぐらいはニュースではなく、オリジナルに書き下ろされた英文ですが、ネイティブが書いた英文なので質が低いということはありません。構造が難しいとはいえ、『英文解釈教室』や『ポレポレ英文読解プロセス50』に出て来るようなめちゃくちゃ入り組んだ文というわけではありません。

しかし新聞記事の英語は、独特の言い回しがあったり固有名詞がたくさん出てきたりして難しいです。そういう文を読むトレーニングとして最適です。

やはり右側に日本語訳が書いてあるというのが学習のためには良いです。よくレベルの高い英語の先生が「英語は日本語に訳さず読め」なんて言うので、学習する時に日本語訳は必要ないと以前の私は思っていて、こういう教材ではなく、洋書やニュースサイト等を直接読んでいました。しかしそれでは一向に読めるようにならないんですね。

ちょっと読んだらすぐに日本語訳を読む、というのは読解練習をする上で大事なことだと思います。やはり答え合わせをしないと、正しい解釈が分かりませんからね。日本語訳さえあれば、じっくり考えれば英文構造を理解することもできるので、日本語訳は案外万能の解説と言えるのではないでしょうか。

Z会のこの手の『速読英単語』型の本はかなり充実していて、他にもテーマ別英単語シリーズもかなり良書っぽいです。

しばらく英語学習は、対訳付きの本で読解トレーニングをしていこうと思います。

Master of the Game (ゲームの達人)のレビュー

この本を読み終えました。

終わるまで3ヶ月かかりましたよ。500ページは流石に長い!

最初のダイヤモンドの採掘の話は面白くて、月並みな言葉で言えば、ハラハラドキドキの展開でページをめくる手が止まらない、だったので大いに期待できるストーリーでした。しかしそれはまだ、全編を通した主人公は生まれてもいなかったのです。

全体の4分の1ぐらいのところであっさり主人公が交代しました。まあそのあたりはまだ面白かったです。

が、半分を過ぎたあたりから全然面白くないんですね。最後の方は苦痛でした。でも大ヒット小説だし、結末を知りたかったので我慢して読みました。

すると別に結末も、それで終わり?って感じで、たいした話ではありませんでした。

親子4世代に渡り作中で100年が経過する壮大なストーリーと言えばまあそうなんですが、作者が貯めていた小説のネタ4つを親子にして強引に1つの小説にしただけなんじゃないの?と思います。

大衆小説に過度に期待してはいけませんね。半分ぐらいのところで止めとけば良かったです。

英語は読みやすく、最後まで通して読むことができました。途中理解の怪しいところはありますが…。

ただ、いくら英語が読みやすいからと言って、もうシドニィ・シェルダンの本は読まないでおこうと思いました。